AIに仕事を奪われるのは、自分に関係ないと思っているあなたへ

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

AIに仕事を奪われるのは、自分に関係ないと思っているあなたへ

ここのところ、新聞やテレビ、ネットで毎日のようにAI(人工知能)の話題を目にしますね。

少子高齢化時代に働き手が少なくなるので、ロボットとAIを組み合わせれば、それをカバーできる。あるいは、人が働かなくても生活できる時代がやってくると楽観的なことを言う人。

逆に仕事をAIがやるようになって、失業者が増えると悲観的に考える人。

両方の人がいます。

いずれにしても、早くても5年、6年先の話で今は自分には関係ないと思っている人がほとんどだと思います。

私もそうでした。

数年前から友人が仕事でAIが入ってきて、人が減らされていると言い始めました。

それは、特殊な一部の業界だけだろうとたかをくくっていました。

しかし、ここ半年ほどで、身の回りでもそれが現実になってきています。

一つ上手く行き始めるとあとは、応用していくだけ。

どんどん広がっていきます。

また、人材採用関係の知人の話では、転職市場はますます二極化しているとのこと。

特殊な能力を持つ人は、1週間もあれば次の職場が決まるけど、誰もができるような仕事しかできない人は、いつまでも仕事が決まらない。

さらに、ベストセラー「ライフシフト」にもあるように人生100年時代です。年金や医療費が足りなくなることは目に見えています。

長く働き続けなければ、貧困老人まっしぐらです。

私も子どもたちも、そしてあなたも、これから仕事を続けるためには、自分の強みや得意なことで、AIが代替しにくい能力を伸ばしていくことが大切。

医療や介護、AIやロボットを生み出す人、メンテナンスする人、何かの体験を提供できる人、クリエイティブな分野などでしょうか。

外国語はあと10年もすれば同時自動翻訳されるようになるでしょうから、スキルとしては厳しいかもしれません。

いずれにしても、自分の頭で考えて、自分で行動できるような人でないと厳しい時代になりそうです。

<今日のポイント>
AIに仕事を奪われるのは半年後かもしれない。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ