10年後の仕事図鑑

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

10年後の仕事図鑑

堀江貴文(ホリエモン)と落合陽一さんの対談をまとめた「10年後の仕事図鑑」を読みました。

もともと、子供たちが社会に出る10年後くらいの社会がどうなるかを知りたくて買いました。

どんな仕事が現れ、どんな仕事がなくなるのか。

でも、10年後というと、私もまだ働いている年齢。これを読んでいるあなたにも大いに関係ある時期だと思います。

まず、よく知られていることですが、これから発展するものにAI、ロボットがあります。そして、少子高齢化と通貨の概念の変化も。

AIが発達するにつれて、多くの職業がAIに代わっていきます。

弁護士や会計士などルールに基づいて判断する仕事は、AI化が進み、今ほど手間がかからなくなるでしょう。また、事務職や管理職もAIに代わっていきます。

自動運転によりドライバーが減り、宅配はドローン、翻訳もAI化されるでしょう。

そんな中でお二人は、他の人と違うことをやる、好きなことを幾つか並行して極める、それを組み合わせるといったことを提唱しています。

趣味を仕事にといった感じです。

趣味といえば、遊びのようなもの。それが仕事になるのか?と思いますが、1000人コアなのファンがつけば、食べていけるとも。

ネットと自動翻訳で世界中の人にコンテンツやスキル、商品を届けられるようになった今、全世界で1000人なら集められる気がしませんか?

また、クリエイティブな仕事はAIに代わらないと思っていましたが、そうでも無いようです。

何かを組み合わせて新しいものを作ることは、AIの得意分野。

そうなると、単に生み出すだけでなくそこに何かを掛け合わせることで差別化するのが良さそうです。

一つは、体験してもらうことにポイントがあるようです。

<今日のポイント>
10年後、生き残れるスキルアップをしよう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ