鴻上尚史の夢をかなえる10ヶ条 その2

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

鴻上尚史の夢をかなえる10ヶ条 その2

前回に引き続き、鴻上尚史さんの著書「映画に走れ メイキングオブ青空に一番近い場所」から鴻上さんが考える夢をかなえる10ヶ条をシェアします。

(6)あらゆる物をみること。
映画を撮るために必要なことということで、紹介されています。映画をたくさん見るだけではなく、歌舞伎や演劇、小説。絵画、ゲームなどいろんなことを知っているのは、映画作りの武器になります。そして、あなた自身の人間的魅力を高めることにもつながりますとのこと。

これ、目指すものが、映画以外でも同じですよね。

そして、単なる情報を知るだけではなく、あなた自身ならどう考えるか、どうすればもっと良くなるかという視点を持つこととありました。自分の考えを固めることになりますね。

(7)自分の「ウリ」を見極める
自分が得意なこと、自信があること、好きなことです。映画監督の場合、決まったルートがあるわけではありません。なので、自分の得意なことからどうやって映画監督になるかを考えるのです。

これ、何の職業になる場合にも当てはまりますよね。

(8)売り込む「作品」を作ること
いくら熱意があっても、見てもらえる作品がなければ、周りは評価しようがありません。

作品を作り、PRすること。映画以外の表現物でも同じでしょう。

(9)野心と思い上がりの区別をつける
野心は、謙虚さがなければいけません。自分よりも優れた方の意見を傷つきながらも聞く謙虚さです。そして、いつかこの人を超えようと思うのが野心です。

しかし、思い上がりは無謀です。誰かに批判されたら、批判で返す。了見が狭いのです。

他人の悪口を言っているようでは夢はかないません。

(10)自分を信じること
何かを成し遂げる前に途中でやめてしまう人がいます。

でも、自分を信じて最後までやり抜いた人にこそ、チャンスがやってくるのです。根拠なく自分を信じぬく。
そして努力し続けることができる人が夢をかなえる人です。

<今日のポイント>
自分を信じて謙虚に努力しろ。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ