電車の中が寒い暑いと文句を言う

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

電車の中が寒い暑いと文句を言う

少し前のこと、冬の日のことです。

電車の中を見ると、吊り広告のところに鉄道会社からの告知分が載っていました。

私が普段利用している電車は地方の私鉄です。

都会の地下鉄やJRのように快適な装備はありません。
だからなのか、このように書かれていました。

この電車は、暖房がオンかオフしかできません。温度を設定して調節できないので、ご不便をおかけします。順次、温度設定できる新型車両を導入していきますので、ご了承下さい。

そんな主旨のことが書いてあったのです。

なるほど、いまどきそんな電車があるんだと思いましたが、車と違って電車って20年30年使うから、そんなこともあるんだろうと納得しました。

で、はたと気づいたわけです。

なぜ、こんな広告をわざわざ鉄道会社が掲載しているのか?

きっと、誰かが鉄道会社にクレームを入れたのだと思いました。

なんと、了見の狭いことでしょうか。

毎日感謝の訓練をしていると、寒い時期に電車の中に入ってあたたかさを感じると、なんて素晴らしいんだろうと感謝がわき起こります。

そして、うだるような暑さの中、冷房が効いた電車に乗ると、冷房最高!と感謝の念がわき起こります。

それなのに、暖房は温度設定できるのが当たり前と思い、クレームまで入れる人いるなんて。

感謝が足りなさすぎです。

みんなが、感謝の訓練をすれば、きっと平和な社会になるだろうなあと思います。

そういえば、マインドフルネスを広めたいのも平和な世界を作りたいからでした。

大切なことを思い出させてくれてありがとう。

<今日のポイント>
小さなことにも感謝。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ