集中力を高めるには

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

集中力を高めるには

集中力、欲しくないですか?

私はほしいです。

現代って、情報が多すぎると思いませんか?

ネット、スマホ、テレビ、ラジオ、新聞、書籍、メール、LINE…恐ろしいほどの情報が飛び交っています。

出典は定かではありませんが、現代人が触れる一日の情報量は平安時代の人の一生分。江戸時代の人の一年分と言われています。

確かに、昔は本自体が非常に貴重なものでしたし、字を読める人も少なかったので、そんなこともうなづけますね。

そうやって、たくさんの情報が目に触れると、集中力が奪われていきます。

実は集中力は、ある限られた量しかなく、それを使うたびに減っていくのです。

もちろん、休息したりリフレッシュするとまた、集中力がもとに戻ります。

しかし、どんな小さなことであっても、考え、決断しているうちに集中力は減っていきます。

集中力を高めるには2つの方法しかありません。

トレーニングを重ねて、そもそもの集中力を増やすこと。

あるいは、できるだけ無駄に集中力を使わないようにして、必要なときに集中力を使うようにすることです。

トレーニングを重ねるには時間も努力も必要です。

しかし、無駄に集中力を使わないようにすることは、今からでも誰でもできることです。

では、どうすればいいか?

それは、習慣化です。

あなたは、オフロに入って体を洗い、頭を洗うと思います。

その動作、目をつむっていても、考え事をしていてもできますよね?

これは、習慣化しているからできることです。

習慣化すると、自動的に動作できますので、余計な注意力を払わずにすみ、集中力が減りません。

だから、一流スポーツせ選手やピアニストなどは、超複雑な動きを難なくこなすことができるのです。

そして、もうひとつ。

細々したタスクや気になるタスクは手帳やメモなどに記入して、頭の中から追い出すのです。

そして、一日の中で細々したタスクを行う時間を決めておきます。

まとめて行うことで効率も上がりますし、メモや手帳に書くことで他のことをやっていても頭の片隅にタスクが残って気になる、つまり、集中力を消費している状態を避けることができます。

ぜひ、お試しください。

<今日のポイント>
集中力は減る。だから、習慣化や手帳を使う。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ