読書会は微妙か?

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

読書会は微妙か?

最近、読書会が流行しているようですね。

私がリードフォーアクションの読書会に出会ったのは4年ほど前。

初めて参加した衝撃は今でも忘れません。

こんな読書会を開いてみたい!そう思って、大阪の講座に行き、リーティングファシリテーターの認定をもらいました。

最近読書会が流行しているのには、会社生活が昔のように濃い人間関係でなくなったことも影響しているでしょう。

社会人になると新しい友達はできにくくなるけれど、それでは日常生活がつまらない。だから、趣味の合う人、話が合う人と出会える場として読書会が注目されているのです。

また、SNSの発達で個人が気軽にイベントを開催しやすくなったということもあるでしょう。

せっかく開催するなら少しでも多くの人に参加してもらいたいものですものね。

ところで、そんな読書会に初めて参加しようという人は、やはりドキドキするものです。

例えば、すごく本を読むのが早い人が集まっていて、ついていけなかったらどうしようとか。

すでに知っている人だけでコミュニティができていて、話の輪に入れなかったらどうしようとか。

他の読書会ではわからないのですが、少なくともリードフォーアクションの読書会は心配ありません。

というのが、そういった課題をなくすためにリーディングファシリテーターが訓練を受けて、ファシリテーションするからです。

また、他の読書会に参加した人から聞いたことがある話で、妙に上から目線の参加者がいて、良い気持ちがしなかったということもあります。

リードフォーアクションの読書会ならそれも大丈夫。

楽しく発展的な場を作るためのルールとして、相手の発言を否定するのはNGとしているからです。

上から目線で、あなたの意見を否定されることはありません。

もし、そんな話になりそうなら、ファシリテーターがうまく誘導してくれると思います。

そして、どこかの読書会に行ってみたら、今度は別の方の読書会にも参加してみるといいですよ。

それは、ファシリテーターによって場の雰囲気が全く違うので、自分に合うファシリテーターを探すためです。

私の読書会は、現在は月に1回程度神戸を中心に開いています。

テーマは、幸せ、マインドフルネス、引き寄せの法則、時間術、行動などの自己啓発系などです。

ぜひ、お越しいただければうれしいです。素敵な出会いと知識が手に入りますよ。

<今日のポイント>
いろんな読書会に足を運んでみよう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ