読書会って何がいいのよ?

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使って、じっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援している小西イサオです。

お知らせです。先日開催して好評だった「科学的にしあわせになる読書会&実践会」の2回目を開催します。ポジティブ心理学の本を使った読書会です。あやしい宗教ではありませんのでご安心ください(^^)
詳細はこちらから⇒https://www.read4action.com/event/detail/?id=5082

読書会って何がいいのよ?

新大阪駅の東口。階段を降りたところで、残り時間はあと13分。

目的地は目の前。でも、かなりお腹が減っている。

電車の中で、時間があったらすぐ横の店で、牛丼を食べようと思っていた。

普通だったら、セミナー開始13分前だったら、会場へ直行でしょう。

でも、私の足は、松屋へ。。。

でもね、ちゃんとセミナー開始に間に合ったんです。

9分前に食べ始め、2分前に会場ビルのエレベーターに。

会場に着くと、なぜか、あと数分ありますよと。

どこかで時間が狂ったのか?先生の時計が遅れていたのか?

ということで、参加したのは、リードフォーアクションのリーディングファシリテーター向けのフォローアップ講座。

本から学ぶ事をファシリテーションしている人たちばかりが集まっているので、普通の倍くらいのスピードで、超濃密な学びを2時間。

その中で、最近は、いろんな読書会があるけれど、リードフォーアクションの読書会の良いところは何?という質問がありました。

みなさん、パパパッとピックアップしたのですが、自分自身もそう感じていて、なるほどと思ったものを7つご紹介します。

1 話す力がつく
リードフォーアクションの読書会は、読書会ですが、読む時間よりも話す時間の方が長いです。人前で話す力が自然に養われます。

2 行動できる
リードフォーアクションですから、日本語に直すと行動するために読む。だから、行動するための仕掛けがあります。そして、継続的に参加していると、刺激を受け、行動していくようになります。私の参加者でもやりたいことに向けて進んでいる人がたくさんいます。

3 自己成長できる
行動できるとつながりますが、行動すれば自己成長につながります。人脈が広がり、思いもよらない展開があります。私が出版に至ったのも読書会のご縁です。

4 本を読んでこなくていい
リードフォーアクションの読書会は本を読んでこなくていいです。読んでない本のほうが楽しいです。だから、本を読むのが苦手な人でも大丈夫。不安だったら絵本を持ってきても構いません。

5 視点が変わる
読書会の中では対話を重ねて、他の参加者の意見を聞きます。そうすると、同じ出来事に対して色々な見方があるのだと感心します。自分だけの枠で考えていると、なかなか外れない思考の枠が簡単に外れ、視点が変わります。

6 めっちゃ楽しい
まあ、言わずもがなですが(笑)とにかく楽しいです。

7 変容できる
これが一番の違いです。全てを含めて結論として一言でいえば、リードフォーアクションの読書会は、参加者が変われる読書会です。成長し、なりたい自分になり、視点を変え、つながりが変化する。そんな集まりです。

マイナス点は、この良さが言葉では伝わらないこと。

だから、ぜひ、参加してほしいと思います。

<今日のポイント>
リードフォーアクションの読書会は変容できる読書会。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ