計画性と今ここは両立するのか?

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのわくわくする人生を実現するようサポートしているリボーンメソッドの小西イサオです。

計画性と今ここは両立するのか?

友人から聞かれました。

よく計画性を持つことが大切だと言われます。一方で、今ここに生きることが大切だとも言います。

計画を考えている時点で今ここに生きていないように思いますが、これってどういうことなんでしょうか?とのこと。

私も昔は同じ疑問を持っていました。

実はこれ、両立するんですよ。

まず、計画についてから考えましょう。

計画というのは、何か自分のゴールを決めて、ゴールにたどり着くにはどうすればいいかを考えることですね。

いつまでにどんなサブゴールを達成するのか。どうやって達成するのかを考えていきますね。

この時、ゴールについては、自分の本心からのゴールを探すことが大切です。
ここで、自分の内面を見つめることが必要になってきます。

マインドフルネスが役立つ部分です。

そして、ゴールと計画が決まったら行動に移すわけですね。

さて、あなたは行動する時、どんなことを考えているでしょうか。

例えば、あなたが、パン屋さんになりたいとしましょう。

心からパンが好きで、パン作りが趣味で、美味しいパンを提供してお客さんに喜んでもらいたい。

そう思っているとしましょう。

ゴールは明確です。

計画としては、お店の経営を学ぶために、どこかのパン屋さんに勤めるとか、他のパン屋さんの話を聞きに行くとか、お客さんを増やすためのマーケティングについて学ぶとか、そんなことがあるでしょう。

もちろん、パンの技術を磨くことも大切です。

じゃあ、パン屋さんに勤めたとします。

お店運営のノウハウを学びたいと思っているあなたは、何時に店を開けるのか?どうやって展示すれば売れるのか?お客様が喜ぶ味はどんなものか?と毎日が勉強で、ワクワクすると思います。

ところが、同僚に意地悪な人がいたとします。

そうすると人間関係に疲れてくるかもしれません。

朝、出勤しようとすると「あーあ、またあの人と顔を合わせるのか。いやだなあ」と思うでしょう。

そんな気持ちで、仕事をしていると、最初は勉強になっていたお店のあれこれが目に入らなくなります。

また、あの同僚がサボっているとか、また、意地悪なことを言われたとか、そんなことが目につきます。

さらに、パンを焼いていても、パンを焼くことに集中できず、失敗するかもしれません。

パンを焼きながら、嫌な同僚のことを考えて、上の空になっているわけです。

これは、今ここに生きていませんね。

マインドトークだらけです。

今ここに生きていれば、同僚が意地悪だろうとそんなことはサラッと流して、淡々とパン屋になるための学びを重ねていくことでしょう。

いや、嫌な同僚すら学びの対象になるはずです。

自分がお店を始めた時に同じような人がスタッフとして入ってきたら、どうやって気持ちよく仕事をしてもらえるだろうか?そんな視点が出てくると思います。

計画を立てたあとは、今やるべきことをしっかりとやる。
それが大切なのです。

計画と今ここに生きることの関係はこんな感じです。

また、計画なしに今ここを楽しむこともできます。

それはそれで、楽しいものですよ。

<今日のポイント>
計画を立てたあとは、今やるべきことに集中する。

では、あなたの人生もしあわせでありますように。

■橘玲さんの『幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」 』を使った読書会を開催します。
詳細は下記で

8月27日(日)13:30から
神戸元町周辺にて

https://www.facebook.com/events/241406679694483/
または、
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5254

■本は、読んでこなくてOKです。読んでいないほうが楽しめます。
■普段本を読まない方、人見知りの方、大歓迎です。
楽しく気づきを得ることが出来る場です(^^)

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ