見えない未来をつくる方法

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

見えない未来をつくる方法

何度かこのブログでご紹介しているk.m.pさんの「見えない未来相談室。」

とても好きな本です。

ちなみに、k.m.pさんは、イラストを書いたり雑貨を作ったり、旅行エッセイ漫画を書くことをお仕事にされている二人組。

k.m.pは、金儲けプロジェクトという冗談のような由来を持つペンネームです。

k.m.pのお二人が、どのように今の仕事にたどり着いたか、名言を拾ってみました。

・自分たちにあった環境を作った。やりたい仕事も含めて、自分が生きやすい居場所に辿りついた。人にはそれぞれにあった居場所がある。それを見つけるのが幸せのコツ。

k.m.pのお二人も一足飛びにやりたい仕事ができるようになったわけではありません。

貧乏して苦労して、でもそれを苦労と思わず乗り切って、前に進んできました。最初は、雑貨を作って売ったり、同人誌を作って売ったり。

そうして好きなことを仕事にする選択をし続けた結果、今の生活にたどり着いたのです。人にはみんなその人にあった居場所があって、それが見つかれば、お金持ちじゃなくても幸せになれる。

地位や名誉がなくても幸せになれる。そんなことを感じる言葉です。

・貧乏で最低限の生活の中で一番大事だと思ったのは、今何を優先させるべきかってこと。収入と挑戦したいことと自分自身の状態。いつでも夢の実現が優先だと結局自滅していく。まず自分が、ちゃんと生きながらじゃないと、好きなことなんて続けられないんだって。

最初の文章で、お金持ちじゃなくても幸せになれると書きましたが、それでも、毎日食べることは必要なわけです。

だから、生きながらじゃないと好きなことは続けられない。当たり前だけど、大切なこと。そのバランスが難しい。私もいつも苦労しています。

・この通りにやれば必ず成功するなんて方法はない。成功するか、失敗するかを心配する前に、自分で考えて、選んで行動して、ダメなら別のやり方を考えて、それを繰りかえして、自分で気づいていくこと、結局それしかないんじゃないか。キョーミを持てることだったら、続けやすいし、好奇心は全てを楽にする。そんな自分の好奇心をヒントに辿ってみたら見えない未来につながっていくのかも。

そうそう。結局はやってみて修正するしかないんですよね。

野球だったら十回打席に立って三回ヒットが出ればすごい!と言われるくらい。

ナポレオンだって皇帝になるまでの10年間は破竹の勢いだったけど、その後は一気に没落。

100%うまくいく方法なんてありえない。

だから、続けられること、つまり好きなことを試行錯誤しながらやるのがいい。そう思います。

子ども向けの本ですが、大人が読んでも勉強になります。

<今日のポイント>
好きなことを試行錯誤。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ