行動する時の障害をかわす方法

こんにちは。

Googleが採用しているしあわせになる心の整理術、マインドフルネスを使ってじっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

行動する時の障害をかわす方法

夢を、やりたいことを、使命を実行していきたいあなたが、なかなか行動できないのは、悲しいことです。

あなたが、行動しようとするといろいろな障害が立ちはだかります。

今回は、あなたが気づいていないいろいろな障害についてお伝えします。

知らずに壁に当たって、行動できない状態だとどうしようもなくなります。

でも、知っていればそれを回避できますよ。

ということで、ひとつめは「知っている」という態度です。

あなたがやりたいことにつながると、何かを学びにセミナーなどに参加したとしましょう。

しかし、セミナーがスタートすると、その内容は以前に別のところで聞いたことと良く似ていました。

あれあれ?これは、知ってる内容だ。

そう思うと、あなたの学びのシャッターが閉じてしまうのです。

つまり、理解レベルが極端に落ちてしまいます。せっかく学びに行くという行動をしたのに成果を得ることができません。

あなたは、同じ映画を何度も見たことはありませんか?
同じ本を何度も読み返したことはありませんか?

私は、好きな本を何度も読み返します。映画もバック・トゥ・ザ・フューチャーが大好きなんですが、何回見たかわかりません。

それでも、読むたび、見るたびに新しい発見があるのです。

これは、セミナーでも同じです。

セミナーの内容が前と同じだったとしても、あなたが以前と同じわけはありませんね。

あなたが成長していれば、視点が変わり学びの場所が変わるのです。

学びのシャッターが閉じないように、新鮮な目で学びましょう。

また、あなたが行動を始めると、なんだか居心地が悪い感じがすることもあります。

違和感があるわけです。

これは、あなたがいつもと違う行動をし始めたから、本能がアラートを発信しているのです。

今いる場所が、多少居心地が悪くても、命の危険がなければ、現状維持のほうが安全です。

だから、誰でも心の奥底では、現状維持を期待しているのです。

あなたが、意図的に新しい行動を始めて、違和感を感じるのはあたりまえ。

ぜひ、違和感に惑わされて行動をやめないでください。

今回は2つのことをお伝えしました。

活用してくださいね。

<今日のポイント>
学びのシャッターを閉じない。違和感はあたりまえ。

では、あなたの人生もしあわせでありますように。

■引き寄せの法則を実践する読書会&ありがとうメソッド体験会

日時:7月23日(日) 13時30分から16時30分(終了時刻は延びることがあります)
場所:神戸 JR元町駅近く(参加者に直接お知らせいたします)
定員:先着7名様(ファシリテーター、講師を除く)
参加費:4,000円
申し込み方法:下記からお願いします。

https://www.facebook.com/events/191985147995339/
または
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5223

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ