脳の構造を変える方法

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

脳の構造を変える方法

質問です。

思い出してください。あなたは、昨日、何回笑いましたか?

10回?20回?

いや、3回くらい?1回も笑ってない?

ある本を読んでいると、大人の人は1日に平均4回笑うとありました。

それに比べて、赤ちゃんはなんと、平均400回も笑うそうです。

常々、このブログで感謝することの素晴らしさを書いていますが、感謝、幸せ、幸運といったことに注意を向け続けると、だんだんと自動反応が変化していきます。

マイナスな出来事に出会っても、プラスに解釈でき、ストレスになりません。

また、感謝、幸運に注意を向けていると、やる気や熱意が増してきます。そうなると、ドーパミンやセロトニン、オキシトシンといった幸福度を高める脳内ホルモンが増加します。

だんだんと幸せ脳に脳が変化していくといえます。

学校の勉強では、一つの答えを暗記したり導いたりすることを学びます。

でも、大学の勉強や社会に出ると、答えは一つではないし、答えを教えてくれる人がいないことも多くなります。

でも、世界はグレーゾーン、曖昧な部分がたくさんあるのが当たり前。

ひとつだけの答えはなくてもいいのです。

だから、一見不幸に見えることでも解釈次第でプラスに転じることができます。

それでももし、うまくいかないことが多くて、凹みそうになったらどうするか?

そんな時は、大きな声で

「ラッキー!」
「ま、いいか」
「悪いこと最高!」

と叫んでみましょう。脳は、空白を嫌います。なぜ、悪いことがラッキーなのか?その理由を必死に探し始めます。

無理やりラッキーな理由が見つかるでしょう。

そうすると、本当にラッキーに思えてくるのです。

さあ、これから24時間に何回笑えるでしょう?

<今日のポイント>
幸せに注意を向け続けよう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ