経済成長はいらない

こんにちは

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使って、じっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

経済成長はいらない

ダウンシフターズという言葉を聞いたことがありますか?

高坂勝さんという東京でオーガニックバーを経営している方が提唱している生き方です。

これまで日本は、いや、先進国は経済成長は絶対とばかりに大きく、多く、拡大路線を歩んできました。

でも、日本ではバブル崩壊後、25年あまりほとんど成長できていません。

特に一般庶民の収入は伸びるどころか下がっていき、経済格差がどんどん広がっています。

いまや大学進学者の半数が奨学金を使い、子どもたちの6人に1人が貧困家庭だといいます。

こういった背景から、高坂さんはアクセルを踏み続ける人生ではなく、速度を落としてダウンシフトして、収入も減らすけどストレスも減らす生き方をしてはどうかと提唱しているのです。

高坂さんは、サラリーマン時代に年収600万円だったそうですが、今は、週に4日しか営業しないオーガニックバーで毎日6時間だけ働き、年収350万円。

でも、田舎に田んぼを借りて米を作り、人とのネットワークで野菜などをいただき、時には弁護士の友達に助けられたりしながら、以前よりもはるかに高い幸福度を得られたと言います。

今回「次の時代を、先に生きる」という本を読んで、改めてダウンシフターズの生き方が必要だと感じました。

私が広めているリボーンメソッドも同じような考え方を持っています。

拡大、拡大ではなく、足るを知る生き方をするところに幸せがあるのではないかと思うのです。

そう考えると、経済成長は必須ではなく、そこそこ儲かり、それをきちんと使う経済が良いのではないかと思います。

だって、経済成長するには、アジアの人件費は上がり、搾取できるところがアフリカぐらいしか残っていないのです。

そして、アフリカを搾取した後は何もない。どうするのでしょうか?

庶民から搾取する?すでにそうなっていますね。

でも、私の周りでもそういったこれまでのレイヤーとは違うところでのんびりと幸せに生きている人たちがいます。

そのためには、自分で野菜や米を作り、コミュニティを広げ、収入を減らしても生きていける
工夫が必要です。

ミニマリストは、ひとつの方法でしょう。マインドフルネスもひとつの方法でしょう。

私自身もそれを実践しながら、お伝えしていきたいと思います。

<今日のポイント>
経済成長は絶対ではない。足るを知る生き方を目指すのも良い。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

■引き寄せの法則を実践する読書会&ありがとうメソッド体験会

日時:7月23日(日) 13時30分から16時30分(終了時刻は延びることがあります)
場所:神戸 JR元町駅近く(参加者に直接お知らせいたします)
定員:先着7名様(ファシリテーター、講師を除く)
参加費:4,000円
申し込み方法:下記からお願いします。

https://www.facebook.com/events/191985147995339/
または
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5223

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ