祈りこそ最高の効果をもたらす

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使って、じっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

お知らせです。先日開催して好評だった「科学的にしあわせになる読書会&実践会」の2回目を開催します。ポジティブ心理学の本を使った読書会です。あやしい宗教ではありませんのでご安心ください(^^)
詳細はこちらから⇒https://www.read4action.com/event/detail/?id=5082

祈りこそ最高の効果を もたらす

祈ってますか?

イエーイ!

冗談です。

変な集団のブログだと思われたら困りますね(笑)

でも、今回は、祈りの力についての内容です。

私のメンターの一人は、今でこそ顧問企業をたくさん持ち、経営者やその従業員、そして、個人的に課題を抱えているお母さん、お父さんにメンタルコーチングを行っています。

しかし、それを始める前は、明日食べるものにも困るほど困窮されていました。

まだ小さい子供を抱えているのに、ご主人が病に倒れたのです。

そして、全てに絶望して、自分の運命を呪ったといいます。

元々、クリスチャンだったこともあり、ある夜、なぜ自分だけがこんなにつらい仕打ちを受けるのかと神様に罵詈雑言を投げかけたそうです。

そうすると、神様からのインスピレーションが降りてきて、一気に状況が好転したと。

同じような話は、カーネギーの名著「道は開ける」にも載っています。

ジョン・R・アンソニーという本のセールスマンの話です。

メンターの場合は、悪口でしたが、アンソニーの場合は、祈りです。

本が全く売れず、会社からのプレッシャーもあり、ホテルから身を投げようかと思っていたそうです。

しかし、神に祈りを捧げ、ホテルにあった聖書を手に取り、この上ない暖かな気持ちになりました。

そして、その日から本が売れ始めたのです。

実は、私も同じような体験をしました。

とことん追いつめられた時に、神様のような老人が夢の中に現れ、全てが安心感に包まれたのです。

以前に「勇気の科学」という本を紹介しました。

その中で、祈りやお守りは勇気を出すために効果があると紹介されていました。

信じる者は救われるのです。

また、祈られた病人は祈られなかった人よりも病気の回復が早いという実験もあります(この実験ついては、懐疑的な人もいるようですが)。

まあ、オカルト的かどうかという話は他に任せるとして、祈ることで、自分の問題を客観的に言葉にできるという利点があります。

ぼんやりしていては、神様に解決の内容をお願いできないからです。

また、神様におまかせするという開き直りも効果の一つ。

悩みは誰かに打ち明けると軽減される経験は、あなたもしたことがあるでしょう。

それと同じ効果があるのです。

そして、祈るという行動が、解決への行動の第一歩になるということ。答えの出ない問題をぐるぐると考え続けていても仕方がありません。

行動することが大切なのですが、祈ることが第一歩につながるのです。

あなたが、どうしても解決できない課題を抱えている時は、祈ることも選択肢の一つですね。

<今日のポイント>
どうしようもない時は祈ってみる。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

■6月「やり抜く力」読書会
成功するために、才能よりも努力よりも
運よりも必要なこと。それがやり抜く力。
やり抜く力が欲しい人は、ぜひご参加ください。

6月17日(土)午後 神戸元町周辺にて
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5110

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ