目標はゴールではない!?手段だ

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

目標はゴールではない!?手段だ

あなたには、達成したい目標はあるでしょうか?

衝撃的なことを知りました。
ポジティブ心理学の教授であるタル・ベン・シャッハーさんによれば、目標は手段であり、終着点ではないというのです。

目標が果たす目的は、私達を自由にすることだそう。

しかし実際は、目標に縛られ、不幸に陥ってしまいませんか?

私にはそんな経験があります。

目標を達成すべく、必死に頑張っても報われず、それゆえに不幸を感じてしまう。

マインドフルネスでは、目標を定めたとしても、できること、目の前のことに集中してジャッジをせずに実行することがいいでしょう。執着を手放すのです。

実は、ポジティブ心理学によれば、目標を達成することよりも目標を持つことのほうが幸福度が高まるのです。

心理学者のデービッド・ワトソンさんも論文の中でこう言っています。

幸せへの鍵は、目標を達成することにではなく、目標を追求するプロセスにある。

あなたが、幸せになりたいなら、目標を達成することに執着するのではなく、目標に向かう活動そのものに焦点を当てたほうが良さそうです。

ただし、注意点があります。

その目標は、自分の内なる声に従ったものでないといけません。

他人から強要された目標や知らず知らずのうちに世間の評価基準から自分の目標と勘違いしているものではだめなのです。

心の底から願う目標を見つけ、そこに邁進する。
それこそ幸せなことです。

<今日のポイント>
目標は手段。達成に向かうプロセスにこそ価値がある。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ