物語の魅力と人生

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢を見つけて、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

物語の魅力と人生

あなたは、映画は好きですか?

これまでの人生で映画が嫌いといった友達は一人だけです。
長時間、椅子に座ってみるのが嫌いだからだそう。

もし、あなたがそんな珍しい人だとしても、小説はどうでしょうか?

物語を嫌いだという人はあまりお目にかかったことがありません。

人は、大昔から神話を愛で、長老の語る昔話に耳を傾けたものです。

人は、物語が大好きなのです。

映画もそんな物語の一つ。

ハリウッドの映画は、ビジネスとして作られています。
だから、当たるか外れるかわからない博打ではいけません。

どうすれば、ヒットするのかを長年研究して、そのセオリーに沿って作られているのです。

日本の自動車産業で、トヨタがカンバン方式やカイゼンなど独自の方法を持って車を作ってきたのと同じです。

物語のセオリーの中のひとつにこんなものがあります。

それは、主人公が人生の岐路に立ち、それを解決するのに四苦八苦して、間違った方法で問題に挑む。

でも、最終的にはその問題を解決する。

そのカギとなるのは、すべてを受け入れること。受容にある。

多くの人がこんな物語に魅力を感じるのは、なぜでしょうか?

それは、これがあなたや私の人生そのものだからではないでしょうか。

受容できればいい。でも、現実世界ではなかなかむつかしい。

だから、悩む主人公に共感し、それを乗り越える主人公に拍手喝さいを送る。

そして、映画館を出て、自分も少し勇気をもらい、頑張ろうっと思える。

古い映画ですが名作「クレイマークレイマー」や、マイナーですが秀作の「ナポレオン・ダイナマイト」などがいい例です。

自分の人生を重ねて見るから、魅力的なんですね。

ほんの少し、勇気をもって、前に進みましょう。

<今日のポイント>
受容がポイント。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ