時間は過去から未来、そして今に流れる?

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

時間は過去から未来、そして今に流れる?

時間ってどう流れていると思います?

過去があり、今があり、そしてその先に未来がある。

過去の出来事が過ぎ去り、未来の出来事がやってくる。普通はそう思っていますね。

でも、古代のインド仏教では、過去があり未来があり、その次に現在があると考えていたそうです。

よく分からない考えですが、こう考えると少し理解できます。

あなたが学生で、期末テストを受けるとなったとしましょう。

あなたは、過去に全く勉強してこなかったので、成績が良くありません。これは、過去の出来事です。

そして、未来のことを思います。

どうせ今回頑張って勉強したところで、今から成績が伸びるわけがない。これは、未来の予想です。

さらにこう考えます。

どうせやってもダメなことが分かっているなら、今、勉強するのはアホらしい。ゲームでもしているほうが楽しい。

まさに、過去→未来→現在の考え方で今の努力を放棄したのです。

逆に、これまでよく勉強してきたケースなら、勉強すればいい成績が取れるはず、じゃあ、頑張ってみようとなるでしょう。

こんな風に時間を考えていると、過去に縛られ、何かを変えるハードルが高くなります。

それは、悲しいことで、希望がない人生になっていきます。

そうではなく、過去は過去。

今ここでできることを精いっぱい頑張れば、未来を変えることができると考えたほうがどれだけ幸せでしょうか。

過去にとらわれずに、今を生きる。それが、希望ある未来につながると思います。

ビリギャルだってどん底から大逆転できたのです。

きんさんぎんさんのように晩年になって全国区になることもあります。

人生、死ぬまでどうなるか分かりません。

<今日のポイント>
過去に縛られない。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ