時間の使い方が上手くなる方法

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

時間の使い方が上手くなる方法

子供らが野球部と塾と学校の宿題とやることが多すぎて、時間がないとこぼしています。

この春から塾の先生のアドバイスもあって、授業を1コマ増やしたことも原因のようです。

そこで、塾の先生と相談して、宿題の量を少し減らすことにしました

塾の先生に聞いて知ったのですが、どうやらうちの中学校は、部活に熱心というか、校長先生の方針が甘いのか、中間テストや期末テストの一週間までも土日に部活をやっています。

平日の部活がなくなるのは、テストの3日前から。

私が子供の頃はテスト一週間前は、部活は休みでした。

市内全ての学校がそうなのかと思っていたら、他の学校はそうではないとのこと。

ブラック部活です。

また、相談の中で思ったのが、子供らの時間の使い方が下手なのではないかと。

たまたま、新聞記事で読んだのが、今現在の自分の時間の使い方を記録してみる方法。

3日くらい記録すればいいそうです。

すると、無駄な時間や思っている以上に時間を費やしていることが見える化されるとのこと。

主婦などは、そのグラフを家族に見せると、家事の大変さが理解してもらいやすくなるとのコメントがありました。

そうすると、家事分担をしてもらいやすくなります。

子供たちの時間の使い方を見ていると、だらだらとテレビやゲームに時間を費やしているように見えます。あとは、どうでもいい雑談。

もちろん、すべて排除するのはどうかと思いますが、気づかずに流されてしまうのと、気づいてやるのでは大違い。

気づいてやるということ=マインドフルな視点があれば、上手く時間を使えるようになると感じます。

そういう自分もついつい、買いもしないヤフオク商品を眺めてしまいがち(笑)改めたいですね。

<今日のポイント>
時間を記録してみる。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ