損したのに得した気持ち。どゆこと?

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を使ってあなたの夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

損したのに得した気持ち。どゆこと?

定期券を自動改札にタッチ。

ICカードの定期券は便利です。

でも、ある日、タッチした時に残高が表示されたのが目に入りました。

1580円?

あれ?定期券の区間でも残高って表示されてたっけ?

ICカードの定期は、定期区間外は自動で運賃を支払う設定になっています。

そして、最寄り駅で改札を出た時にまた、残金が表示されました。

ん?あ!!!

その時気づきました。

そういえば、定期の更新を忘れてた!

その日、気づかずそのまま往復していたのです。

1200円ほど、払わなくていい電車賃を払ってしまった。。。

こういうのって、無性に悔しいですよね。自分が悪いだけに余計に悔しい(笑)

と同時に、この状況に感謝できることはないか?という無理やりな自動反応が始まります。

さすが、半年も感謝の習慣を続けていると、こんな時も自動発動(笑)

でも、なかなか腑に落ちる感謝が思い浮かびません。

また、悔しがっている自分をマインドフルに見つめている自分も。

雨雲の向こうに青空があることを知れば、いくら雨が続いても一生降り続くわけではないことが分かります。

それと同じで、マインドフルな目線は、こんな状況でも心の奥には青空があることを知っているのです。

だから、損しているけどちょっと冷静だったりします。

結局、定期売り場に行き、事情を説明したところ朝の運賃はダメですが、帰りの片道分は返金しますとなりました。

現金で片道分をもらい、無事定期を入手。

600円ほど損したわけですが、なぜか、600円ほど戻ったことのほうがうれしいのです。

損しているのにうれしい。人間の感情って、合理的ではないなあと、また見つめている自分がいました。

不思議ですね。

<今日のポイント>
人の感情なんて適当です。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ