学び多きセミナーにするために

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

学び多きセミナーにするために

先日、あるセミナーへ参加しました。

大阪駅から徒歩5分ほどの高層ビルの7階。
なんか豪華な受付のある高級そうな会場でした(笑)私には縁遠い感じ。

さて、そのセミナーは、マインドフルネスとも映画ともマーケティングども関係ないセミナーだったのですが、ひとつ、多くの方に共有すると役立つだろうなということがあったので、記事にします。

それは、セミナーを受ける際にどんな心構えで受講するかについてです。

①居心地の悪いところにしか成長はない
人は、安全安心、安定を求めるものです。変化には痛みがつきもの。苦しいこと、しんどいことを嫌がっていると成長がないということ。

だから、あえて居心地が悪いところへ飛び込もうというわけ。セミナーを受けて、やっぱり無理だと安定の道を選んでしまうと成長はありません。

②知っていると思うことが一番ダメ(ノウハウコレクター)
これは、他の方のセミナーでも言われるほどメジャーな注意点です。

同じことを繰り返し学んだとしても、自分のレベルが変わっていれば、気づくことが変わります。
しかし、知ってるから聞かなくていいやと思うと、学びが止まります。

特にノウハウコレクターに多いのです。気をつけたいですね。

③思いついたらメモを取り、実践する
ノウハウコレクターとも通じますが、やっぱり実践しなければ、成果は出ません。

セミナーで学んだことをすぐ実践することが大切です。

④全部を覚えようとせずに、1つでいいからやることを決める(全部覚えようとするとどれも実践しない)
上と関連しますが、実践する時にセミナーの内容すべてを覚えて、やろうとしても無理があります。

なので、一つだけでいいからやってみる。
すると、次のやれることが見えてきます。

どうでしょう?あなたは実践できていることばかりでしょうか?
一つでいいので、やっていきましょう。

<今日のポイント>
セミナーを聞いただけで満足しない。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ