学びを引き出すテクニック

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

学びを引き出すテクニック

先日に引き続いて、物販のセミナーで学んだことをシェアしたいと思います。

最初に先生から言われた注意点が二つありました。

1つは、情報をより多く引き出してください。

これは、少人数のセミナーだったので、たくさん質問をしてたくさん、学んでくださいということ。

受け身で一方的なセミナーよりも自分から積極的に質問して、関わった方が学びが深まるのです。

だから最近は、アクティブラーニングといった体験学習的な学習方法が流行しているのでしょう。

2つ目は、学んだ内容をシェアしてくださいということ。

ここでのシェアは、人に教えることと同じ意味です。

人に伝えるには、自分がそのことについて根本から理解していないといけません。

伝えるために資料を整理したり、質問について想定したりすると自分がわかっていないことがわかります。

そこで、先生にまた質問をし、学び、理解を深めるのです。

行動イノベーションの講師講座を受講したときにも同じような話がありました。

読書会をしていても感じます。

一番学びが深まっているのは、実は先生であったりファシリテーターであったりするのです。

学びは、知らない段階、知っている段階、知っていてある程度できる段階、できる段階、教えられる段階とステップを踏みながら深まります。

最後は、学んだことに自分なりのオリジナルを加えて、オリジナルメソッド化することもあります。

そうすれば、自分と同じように悩み困っている人を救うことができます。

win-winですね。

あなたの学びは、どの段階でしょうか?

<今日のポイント>
質問してシェアして学ぼう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ