子育ての思い込みを外して楽に

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

子育ての思い込みを外して楽に

助産師をしている知人が2人います。

助産師って、赤ちゃんを取り上げるのが仕事だと思っていましたが、そうでもないようです。

一人の助産師は、自分自身が子育てに悩み、誰にも相談できず困ったので、そんな人を減らしたいと助産師になったそうです。

だから、お産ではなく母乳外来をきっかけに子育ての悩みや相談にのっているそうです。

また、赤ちゃんがある程度大きくなった後もお母さんのケアができるようにお茶会をしたり、エステをしたりといった工夫もされています。

我が家はもう成人した娘と中学生の双子がいます。

今は、子育ての悩みと言っても教育費用の悩みが主です。

でも、上の娘が赤ちゃんだった頃、あるいは、双子らが赤ちゃんだった頃、いろいろと困ったことがありました。

幸い、双子の時は一人目がある程度大きくなった後なので、適当でも大丈夫と思え、かなり手抜きをしました。

また、双子親の当事者会に参加して、先輩の話を聞いたことも助けになりました。

でも、今のお母さんは、私たち世代以上にマニュアル世代。

だから、育児書通りにいかないと、ホントに煮詰まってしまうそうです。

ミルクは3時間おきでないといけないとか、布おむつの方がいいとか。

でも、大人でもすぐにお腹が空くタイプもあれば、少食の人もいるように、人それぞれです。

そんな思い込みを外してあげると、お母さんはホッとするようです。

これって、子育てだけじゃないなあと思います。

何々せねばならないは、外していきたいものです。

<今日のポイント>
その思い込みは本当ですか?

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ