好きの大切さ

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

好きの大切さ

現在、ローカル鉄道の存続問題に関心を持ってもらうための映画づくりの準備中です。

エンターテイメントとして成立し、多くの人に見てもらえる映画にしたいなあと思っています。

そのためには、しっかりと演技をしてもらい、映画の中に没入してもらわないといけない。

また、見ている人の心を動かすような演技をしてもらいたい。

そう考えていると、一緒に映画を作るメンバーの一人が、演技指導を生業にしている方を紹介してくれました。

その先生は、役者向けの演技指導だけではなく、演技を通して自分の感情を開放する事も教えています。

引きこもりの人、企業戦士で笑うことを忘れてしまった人、自分の感情とうまく付き合えない人など様々な方が生徒にいるようです。

12月、その生徒らが発表会をするというので、先生へのご挨拶も兼ねて見学に行きました。

学生さんから50代まで男女の生徒さんが演技をし、踊り、歩き、自分を表現していました。

みなさん、しっかりとよく通る声でこころを揺さぶる炎技でした。

中でも20歳位でしょうか、女性の生徒の演技が気になりました。

先生曰く、彼女はレッスンに参加し始めた頃、ほとんど笑わず無表情だったそうです。

それが全く信じられないほど、大きな声で感情を込めて演技していました。

また、第2部では大好きだというアニメ作品のいくつかのシーンを声だけで再現することにも挑戦。

体の動きがないぶん、難しいと思いますが、まるで映画を見ているかのような感覚になりました。

なぜか?

それは、彼女がアニメが大好きで、その作品を演じることが楽しくて仕方ないからです。

言葉で表さなくても、その感情がひしひしと伝わってくるのです。

私だけが感じたのかというとそうではありません。

終了後、観客が感想を述べたのですが、一様に好きな感じがとても良く伝わってきたと言ってました。

先生からは、この作品を演じることになってからとても積極的に練習や演出について相談されるようになった。好きだからこそあれこれチャレンジしたいというアイディアが湧いて来たんだと思うとの説明がありました。

好きなことが無愛想で表情がなかった彼女を変えたのでしょう。

やりきった感動からか少し涙ぐみながら、そういった感想を聞いている彼女の表情は、とても豊かで魅力的でした。

好きなことって大切だなあ、それに挑戦することって美しいなあと思いました。

<今日のポイント>
あなたは、好きなことに挑戦していますか?

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ