呼吸に意識を向けるとは?

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

呼吸に意識を向けるとは?

マインドフルネスの訓練は、呼吸法が基本です。

椅子に座っての呼吸瞑想、床に座っての呼吸瞑想がベーシックですが、それに限らず、呼吸に意識を向け続けることで呼吸瞑想になります。

呼吸を観察する際、分かりやすいのは、鼻を通る空気の感覚ではないでしょうか。

また、肺に入る空気によって、胸やお腹が膨らんだり凹んだりすることを観察することもできます。

どの場合でも、呼吸と体の動きが一体となり、それを観察し続けることです。

呼吸に意識を向ける、あるいは、呼吸に注意を払うということは、集中することです。

しかし、観察しようと意識するあまり、どのように呼吸すればよいかわからなくなることがあります。

でも、意識する必要はありません。自然に普通に呼吸すればいいのです。

呼吸は、意識して行うこともできるし、意識しなくても自然に行われる動きです。

あなたが、意識するのをやめても呼吸は継続されます。

また、呼吸に注意を払うことは、呼吸について考えを巡らせることではありません。

呼吸について考え始めると、マインドトークになってしまう恐れがあります。

あくまで呼吸瞑想は、マインドトークから離れ、今ここを感じるための訓練です。

呼吸によって身体、感覚を感じて、今ここにとどまってください。

<今日のポイント>
呼吸瞑想は、呼吸について考えることではない。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ