口内炎を治すために

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

口内炎を治すために

舌の横にできたあいつ。

真ん中が白くて周りが少し赤い円形に近い。

何かを食べるたびに痛くて。ものを食べる時に舌がこんなに活躍しているなんて。

そう、口内炎です。

この前から1週間くらい口内炎が治らず、つらい毎日でした。

口内炎に悩んでいる方は多いと思います。なので、私がPDCA(笑)を回して、人体実験の結果、こうすればいいんじゃない?とたどり着いた口内炎ハックをシェアします。

まず、私の場合ほとんど効果がなかったのがケナログ、ビタミンBのサプリメントです。

どちらも口内炎には有効とされていて、昔から有名です。

もちろん、人によって効果は違うと思うので、これらが合う人もいると思います。

で、効果があったのがリステリン。

リステリンは、液体歯磨きです。

なんで、液体歯磨きが口内炎に効くのか?口内炎は、口の中の細菌が原因で起こるようです。

そして、リステリンには、殺菌作用があります。

なので、その細菌をやっつけて、自然治癒力で治すというわけ。

日頃からリステリンを使うようにしていると、口内炎になる頻度が少なくなり、なったとしても治りやすくなりました。

リステリンは、かなり刺激が強いので、苦手だという方もいると思います。

そんな人にオススメなのが、うがい薬のコンクールFです。Amazonや薬局で売ってます。

こちらも殺菌作用があり、効果がありました。

あとは、睡眠です。やはり疲れている時に口内炎になりやすいので、休養は大切ですね。

それから、どうしても痛みがひどい場合は、トラフルダイレクトという患部に貼る市販薬も役立ちます。これ、溶けて無くなるので、外さなくていいのが便利です。

さらに、バファリンなどの痛み止めもオススメしませんが、一応、効果ありでした。

口内炎に悩んでいる方は、お試しください。

<今日のポイント>
口内炎には、リステリンがオススメ。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ