即効性が欲しい

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

即効性が欲しい

夢を成し遂げたい人には、才能ではなくやり抜く力が必要。

以前にご紹介したベストセラー「やり抜く力」には、そんなことが書いてありました。

マインドフルネスを学び始めた頃、師匠に現代人は、すぐに結果を求めたがる。

それでは、マインドフルネスを身につけることはできないと言われました。

マインドフルネスに限らず、根気強くやり抜く力をもつことが、目標達成の大切なポイントなのです。

しかし、身の回りにもすぐに結果を求めたがる人がいます。

何故なんでしょうか?違いを考えてみました。

子どもの頃の経験かもしれません。

私自身のことを考えると、あれこれやってみて挫折したことも多いですが、継続したこともあります。

例えば、公文式。小学生の頃から高校生までやっていました。

そのおかげで計算が早くなり、数学が得意になり、理科系に進みました。

高校生の頃に作ったペーパーアニメ。

8ミリフィルムのカメラで3分ほどのショートフィルムを作りました。

1秒間に6コマ。約1000枚の絵を描き、文化祭に上映しました。

寝る間も惜しんで絵を描き、授業中も絵を描いていました。

必死に描いた絵が動いた瞬間は、背筋が寒くなるほどの感動がありました。

大学受験の時も必死に勉強していました。夏休みは1日18時間勉強していました。

そのかいあって、推薦入試で落ち、しかし、その大学に本試験で通るというなかなか奇跡的なことが起こりました。

もちろん、映画作りもマインドフルネスも、コツコツと継続して挫折せずにやってきました。

そう考えると、いかに楽しさや好きなことを見出して、やり抜いた経験が大切かと思います。

辛いことは、なかなか続かないですもんね。

あなたの子供には、そんな体験をさせていますか?あなた自身はどうでしょうか?

<今日のポイント>
楽しいことをやり抜く経験を。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ