単なるあこがれか、夢か

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

単なるあこがれか、夢か

数ヶ月前、誕生月でした。

2年前に見た夢は、50歳になると人生が終了するというもの。

幸い、未だ生きています。

その夢を見た時、人生にやり残したことがあったなあと残念な気持ちになりました。

現実ではそんな事がないようにしなさいという暗示かなと思いました。

さて、私は、昔からすぐに人のマネをしたがる性格でした。

主体性がないというかなんというか。

漫画を描いたり、映画を見たり、野球をやったり。みんな友達の影響です。

それは、今でも変わっていなくて、素敵なことをしている人を見るとすぐにマネをしたくなります。

好奇心旺盛だと言えばそうなんでしょうけど、いいことでもないような気がしています。

先日も旅行に行こうかとairndbをみていると、田舎の農家のような古い家を民泊にしている若い素敵なご夫婦がいらっしゃいました。

ゆったりと自分らしい自然に触れ合う暮らし。外国人を含めて旅行者と触れ合う暮らし。

とても楽しそうで素敵です。

民泊っていいかもとあこがれました。

仕事にできないかな?とまるで中学生です。

でもまあ、実際にやるとなると掃除、洗濯、食事ととても大変なことは容易に想像できます。

だから、単なるあこがれなのです。

でも、読書会や映画作り、農作業など今やっていることは、あまり大変とは思わない。まあ、大変なことはあるけど、乗り越えられる事がわかっている。

だから、これはあこがれではない。やれること。夢。

やれることの中にこの先につながる何かがあるんだろうなあと感じます。

<今日のポイント>
あこがれではなく、夢を。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ