何もしないこととマインドフルネス

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

何もしないこととマインドフルネス

オランダの言葉、niksenを知っていますか?

何もしないことを楽しむ概念だそうです。

マインドフルネスと似ていますね。

競争社会で上へ上へと上り詰めないといけないと思い込まされている現代。

もっと便利なものをもっと稼ぎたい、もっと有名になりたい、もっと美味しいものを食べたい、もっと健康でいたい、もっともっとというのが今の世界です。

それは、常に頭の中でもっともっとと急かされていることと同じ。

仕事、人間関係、スマホ、テレビ、SNS、家事、育児、介護、学校などの情報や判断すべきこと、やらないといけないことが山ほどあり、頭の中のおしゃべりが止まらないのです。

そして、知らず知らずのうちにストレスがたまります。

それを和らげようというのが、niksenです。

niksenは、何もせずに単に音楽を聴くだけとか、風景を眺めるだけといった時間を楽しみます。

マインドフルネスと違って、その状態に気づいている客観的な視点は持たなくても良いそうです。

とても良い習慣です。

少し気をつけないといけないのは、客観的な視点を持っていないので、音楽を聴きながら気づくと音楽以外のことを考えているかもしれない点。

マインドフルな状態なら、そこに気づいて音楽に注意を向け直せます。

楽しむということは、ジャッジが入りますので、その点も違いますね。

マインドフルな視点で見ると、ニュートラルに音楽を聴き、楽しむ選択をしたあとがniksenと言えるかなと思います。

いずれにしても、自分な好きなもの、ぼーっとする時間などに時間を使うのは簡単にできるけど、意外にやっていない贅沢なことです。

ストレス解消につながりますので、ぜひ。

ただ、いくら好きでも暴飲暴食やアルコールに走ってはだめですよ(笑)

<今日のポイント>
niksenを実践する。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ