仕事のコツ

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

仕事のコツ

あなたは、仕事をする上で工夫していることはありますか?

今回、マインドフルネスをテーマにしたコメディ映画を作るにあたって、いろいろな制約があり、いかに短時間で品質を保ちながら低予算で撮影するかにかなり頭を悩ませました。

それは、これまで仕事として工夫してきたことがたくさん生かされる場でもありました。

映画作りだけでなく、あらゆる仕事に関係することなので、ここでシェアしたいと思います。
あなたが、マインドフルネスで心を整え、自分の夢を見つけた後に必ず役立つ情報です。

まず、計画、段取りの大切さです。

何をするにしてもきっちりといつ何をするのか?その目的は何かを計画しておくとスピードアップにつながります。

そして、それは頭の中だけで考えるのではなく、きちんと紙に書きだすことです。

できるだけ細かな手順にまで分解して、それを見れば自動的に作業が進むようにしておくと、焦ることがなくなります。

今回の映画でも、ハードスケジュールの日は、いっぱいいっぱいになって、考える余裕がなくなりました。

だから、現場でできるだけ考えずに動けるように細かな手順をまとめて、撮影当日に焦っているであろう未来の自分をコントロールしていました。

段取り八分といいますが、これは、読書会にも当てはまりますし、セミナーやワークショップにも当てはまります。

二つ目は、思い込みを排除することです。

映画の撮影で言えば、撮影前に実際にロケハンに行って、どのような風景になるか、いらないものは写らないか、部屋が狭すぎてカメラを置く位置がないなんてことにならないかを調べました。

頭の中だけで考えていると、いくら行ったことがある場所でも思い込みで間違った判断をしてしまいます。

また、今回は将棋崩しのシーンが何度も出てきましたが、思うように将棋が崩れるかを撮影前に何度も試してから撮影当日を迎えました。頭の中でのシミュレーションでは、うまく崩れるはずが、実際はそうならないことが多々ありました。

これも、思い込みでぶっつけ本番になると失敗するところでした。

3つ目は、振り返りと改善です。

今回だと、途中から撮影前に当日の時間割を作るようになりました。また、集合場所や時間の連絡をスタッフにする際、メールのほうがいい人やファックスのほうがいい人などがあり、そこもやりながら軌道修正していきました。

単に反省するだけならみなさんやると思いますが、改善まで結びつける頃がポイントです。

もちろん、まだまだ完璧からは程遠いですが、、この三つを心掛けるだけでも仕事の品質は上がるはず。

ぜひ、取り入れてみてください。

<今日のポイント>
段取り、思い込み、改善を心掛けよう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ