今を生きると役に立たないものはなくなる

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢を見つけて、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

今を生きると役に立たないものはなくなる

地元の図書館は、駅前ビルのワンフロアにあり、とても便利です。

週に1回は利用しています。先日も、稲垣えみ子さんの「寂しい生活」というエッセイを借りていました。

稲垣さんといえば、アフロヘアの元朝日新聞記者。

今は退職されてフリーのライターとして活躍されています。

アフロヘアも印象的ですが、東日本大震災をきっかけに始めた節電生活も信じられないような徹底ぶり。

家に冷蔵庫もなければ、風呂も銭湯、エアコンもないという生活。

もちろん、掃除機もありません。掃除はほうきと雑巾です。

この本の最後に稲垣さんが到達した境地が書かれていました。

それは、この世には役に立たないものはないということ。

私たちは、生活を便利にするため、いや自分が楽になるために掃除機を発明し、さらには、掃除ロボットまで作り出しました。

それから考えるとほうきや雑巾は、役に立たない掃除道具です。

でも、実際にほうきや雑巾で掃除を始めると、楽しくなってくるというのです。

もちろん、私たちがいきなり始めても面白くないでしょう。

稲垣さんは、掃除機がない状態に自分を追い込んだから、あきらめの境地に達し、ほうきと雑巾で掃除を始めたのです。

ほかに選択の余地がない。だから、嫌だとか言ってられない。

だから、真剣に心を込めて掃除をする。

すると、掃除が楽しくなってきたと。

ちなみに、稲垣さんは掃除は嫌いだったそうです。

よく、今を生きると良いといいます。それは、マインドフルな状態です。

掃除を心を込めて行うことは、マインドフルネスの訓練と同じです。

いや、訓練そのものです。

そういった日常の小さなことが楽しく感じられるとどうでしょうか。

丁寧に生きる。今を生きる。そんな生活そのものです。

おすすめの一冊です。

<今日のポイント>
何事も心を込めてやってみる。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ