人生100年時代の生き方

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

人生100年時代の生き方

あなたは、少し前にベストセラーになった「ライフ・シフト」を読まれましたか?

先進国で2007年以降に生まれた人の半分は、寿命が100歳を超えるという予測で、人生100歳時代にどのように生きて行くのかを書いた本です。

ちょうど私の子どもが中学生になり、だんだんと将来について考える年齢になってきました。

このため、これからの時代に何が必要なのかを知る本をたくさん読んでいます。

人生100年時代に求められること、著者のリンダ・グラットン氏は2つの大切なメッセージを発信しています。

1つ目は、教育を受け、それを仕事に生かし、引退後は年金生活といった3ステージの人生は終わりになることです。

人生100年時代になると、65歳で引退できなくなります。もっと長く働かないと年金制度が破綻します。

また、仕事をせずに残りの人生を生きて行くのは、あまりに長く退屈です。

長く働くためには教育を受けたステージのスキルが長く使えることが必要です。しかし、時代の変化が早く、これからはスキルがすぐに陳腐化します。

そのために2つ目のメッセージがあります。

それは、不動産やお金といった形がある資産ではなく、無形資産が大切になることです。

特に学び続け、変化に対応できるスキルが重要。

自分自身について深く知り、自分の強みを活かして新しい何かの能力を身につけていく。それが大切です。

そのためにも、子ども時代には、自分の好きなことを見つけ、一生懸命に取り組んでみることが大切だと感じています。

<今日のポイント>
変化し続けることが必要。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ