人生をコントロールする力を高める行動加速

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸せに生きるコツを広めている、小西イサオです。

今日は、先日に引き続き、時間術のお話です。

人生をコントロールする力を高める行動加速

時間術というよりは、行動を加速する方法といったほうがいいかもしれません。

何度も書いていますが、私がオススメする時間術の基本は、7つの習慣です。
優先順位のつけ方が非常に参考になります。

緊急度を優先するのではなく、人生の重要度を優先して自分の時間を予約しようというのがその本質です。

7つの習慣を実践するには、フランクリンプランナーという手帳があります。

私もこれを使っていますが、自分の人生の目的を定め、ブレイクダウンしていって、日々のタスクにつなげていきます。

タスクというのは、やることリストみたいものです。

私の場合、毎日、タスクリストを見直しているのですが、その際、改めて効果があることに気づきました。

それは、タスクリストにも優先順位をつけるというものです。

これ、フランクリンプランナーの使い方でもやるように推奨されていたと思いますが、ついつい、タスクを書き出して終わりになっていたのです。

私の場合、フランクリンプランナーで説明されているABCの優先度分類の他に、隙間時間にさっとできるようなものをFという記号で分類しています。

何か重いタスクをやり始める前にFのタスクをすることでスターターの役割にもなります。

でも、ついつい、Fばかりこなしてしまい、気づくと寝る時間となりがちでした。

そこで、ABCF以外に1から順番に優先度をさらに書き加えました。

そうすると、Fばかりやらずに、本来やるべきAのタスクをこなせるようになってきました。

自分の時間になり、何かを始めるときに何をしようかと考え始めるとあっという間に時間が過ぎてしまい、結局何も進まないとなりがちです。

なので、隙間時間にタスクを考え、優先順位を細かく決めておくことで、すぐに行動にかかれます。

あと、細かなことですが、基本的にPCは、シャットダウンで電源を落とさずに休止モードにしています。

そうすると、前にタスクを終わった時点のデスクトップが再現保存されているので、素早く行動にかかれます。

休止モードは、Windows7の場合、設定を変えないと出てこないので、ぜひ、ググって設定を変えることをお勧めします。

スリープモードでもいいのですが、電源を消費し続けるのがイマイチなんですよね。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

<お知らせ>
■引き寄せの秘密を探る読書会の無料レポートを作成しました。
ぜひ、下記から入手して下さい。
https://koufuku.org/?p=403

■読書会&ミニセミナー「本気で&今すぐ変わりたい人の行動イノベーション」
 2015年11月3日(火・祝日) 13時30分~15時30分
 場所 JR神戸駅近く(参加者に直接お伝えいたします)
 参加費 3,000円
 定員 先着10名様
 申し込み方法 下記ページからお申込み下さい。
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1658

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ