はぴねす☆ラボ通信 第6号 なぜ今、マインドフルネスが必要とされているのか

はぴねす☆ラボ通信 第6号

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋╋
╋╋ 週刊
╋┛ はぴねす☆ラボ通信「マインドフルネスでしあわせな毎日を。」

┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。

はぴねす☆ラボ(幸福研究所)の小西イサオです。
メルマガをお読みいただきありがとうございます。

今回からお読みいただいている方は、はじめましてですね。
どうぞよろしくお願いいたします。

このメルマガは、以前に読書会や講座、無料レポートの
ダウンロードなどでメールアドレスを教えていただき、
メルマガ登録OKとしていただいた方にお送りしています。

前回は、マインドフルネスを学び、どのような効果があったのか、
どう生活に役だっているのかという内容をご紹介しました。

仕事の効率が上がった人、自分の壁を乗り越えられると感じた人、
色々ありました。

今回は、なぜ今、マインドフルネスが必要とされているのかを
お伝えしたいと思います。

———————————————————————-
◆ 先行き不透明な時代
———————————————————————-

Googleのマインドフルネスリーダシップ講座である
「Seach Inside Yourself」では、現代にマインドフルネスが
必要とされている理由として、VUCAワールドだからといいます。

VUCAワールド。聞いたことがない言葉ですよね。

Vは、Volatile。変動的であるということです。
昔に比べると、現代は、非常に変化が早い時代です。
ビジネスモデルや市場は猛スピードで成長し、成熟化。そして、陳腐化します。

あれほど流行った携帯電話が、今やスマホに押され、
スマホで大きく売上を伸ばしたSamsungが、今や中国製のスマホに
押され、数年前には、形もなかった妖怪ウォッチが大ブームになる。

そんな時代に私たちは生きています。

そして、U。Uは、Uncertain。不確実です。
変化が早いということもあり、先行きが予想しにくい時代に
なっています。

超高齢化社会、過疎化、都市化といったこれまで経験したことがない
課題が次々に出てきます。

例えば中国。
あれほどの経済成長を遂げていた中国も今やブレーキがかかり、
東南アジアの国々に、その地位を脅かされています。

そして、大ヒットしている軽自動車、スズキのハスラー。
この車は、なんと商品開発時にターゲットを設定していないそうです。
不確実な時代、年齢、性別などのターゲットを設定するのではなく、
世代を超えたライフスタイルを軸足に開発した結果、大ヒットした
そうです。

次は、C。Cは、Complesです。複雑ですね。
新興国やウクライナ、中東などの地政学上のリスク、
エボラ出血熱など疫学的なリスクなど、世界はより複雑さを増しています。

また、人々の交流、情報の流れも世界中と瞬時につながる時代になり、
色々な価値観を認めなければやっていけない時代になってきました。

最後のAは、Ambiguous。曖昧という意味です。
グローバル化が進み、何か一つのことが複雑に絡み合っているために、
課題がドンドンと変化し、なにが問題かどう対応すればよいのかが
曖昧模糊としているのです。

少し前になりますが、サブプライム危機などは、その代表例でしょう。
アメリカ国内のローン債権の問題が、世界中に飛び火するとは、当初、
予想できなかったことです。

こういった、複雑で先行きがわからない不安定な時代だからこそ、
従来の手法にこだわるのではなく、自分と他人の気持ちや感情を
しっかりと見つめ、判断し、その情報を使って対応を考えたり、
行動を起こしたりするスキルが必要になってきているのです。

このスキルをエモーショナルインテリジェンス(EI)と呼びますが、
これを鍛えるのがマインドフルネスなのです。

———————————————————————-
◆ 精神面での必要性
———————————————————————-

また、現代人は、そんな時代だからこそ、多くのストレス、
プレッシャーにさらされています。

スキルアップ、複雑な判断、専門知識の深化、多様な人間関係、
そして、ビジネスマンであれば、そういった人々からの問題を
確実に処理して、また、業績アップにつなげなければいけない。

しかも、商品やサービスはどうすれば売れるのかが見通せない。

だから、ストレスが貯まり、うつ病などの精神疾患が増え、
少しのことでクレーマーとなり、
教育現場ではモンスターペアレントが現れる。

社会全体がギスギスしています。

こういった状態を少しでも改善するためには、
心を平静に保つスキルを身につけることが必要です。

だからこそ、マインドフルネスなのです。

そして、今、マインドフルネスは脳科学の進歩により、
科学的に効果があることが証明されつつあります。

だから、世界最先端の企業である、GoogleやIntel、SAPなどが
企業研修に取り入れているのです。

———————————————————————-
◆ おわりに
———————————————————————-

こんな複雑でストレスの多い時代に、
マインドフルネスが広まり、個人から家庭から、職場から、
地域から、そして、国から心の平安が広まり、世界が平和に
なって欲しい。そう思わずにいられません。

ということで、今回はマインドフルネスが求められている
理由についてご説明しました。

次回は、マインドフルネスの効果についてご紹介しましょう。

あなたの人生が幸せでありますように。

マインドフルネスででしあわせな毎日を。

はぴねす☆ラボ 小西イサオ

======================================
編集後記
======================================

サイクルコンピューターってご存知でしょうか?
自転車につけるスピードメーターです。

スピードメーターといっても、走行距離、平均速度、最高速度、
消費カロリーやCO2削減量まで出るすぐれもの。

駅まで行くのに使っている自転車にそれをつけてみました。
いったいどのくらいのスピードで走っているのだろうという
疑問からです。

結果、ちょっとゆっくり走っているなというので時速15キロくらい。
かなり頑張って走っている状態で時速25キロくらいでした。

自転車って、歩くことに比べると格段に速くて効率がいい乗り物だと
再認識しました。

======================================
おまけ:どうでも良いお話
======================================

最近、家の近くでバイクに乗った警察官が一時停止違反の
車をチェックするために、じーっと止まっていることがあります。

その話を家族でしていました。

「最近、あの道、ポリさんが見てる時あるよなあ」

うちの双子・弟(10)が、すかさず

「え?堀さんって誰?」

堀さんとポリさん。。。先週に引き続き、うちの子らは、
聞き間違い多すぎ(^_^;)

======================================
当メルマガの解除について
======================================

配信停止ご希望の方は、お手数ではございますが、
下記から解除をお願いいいたします。

$$:URL_http://goo.gl/WZUWsb:$$

======================================
発行元:はぴねす☆ラボ(幸福研究所)
 $$:URL_http://koufuku.org/:$$
ブログ
 $$:URL_http://ameblo.jp/mindfulness-kon:$$

本メルマガの著作権は、はぴねす☆ラボに帰属します。
======================================

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ