はぴねす☆ラボ通信 第2号 マインドフルネスとは?

はぴねす☆ラボ通信 第2号

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋╋ 週刊
╋┛ はぴねす☆ラボ通信「マインドフルネスでしあわせな毎日を。」

┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<:氏名:>>さん、こんにちは。

はぴねす☆ラボ(幸福研究所)の小西イサオです。

今回からお読みいただいている方は、はじめましてですね。

このメルマガは、以前に読書会や講座などでメールアドレスを
教えていただき、メルマガ登録OKとしていただいた方にお送り
しています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

———————————————————————-
◆ マインドフルネスとは?
———————————————————————-

まず、今回は、マインドフルネスとは何か?
その一番基礎の部分をお伝えいたします。

マインドフルネスという言葉、今回はじめてお聞きになる方も
いるかも知れません。

元々は、マサチューセッツ大学医学大学院の
ジョン・カバットジン博士が、
1980年前後に「マインドフルネスストレス低減法」として、
まとめた方法が始まりです。

カバットジン博士は、がん患者など重い病気の患者に対して
マインドフルネスストレス低減法を行うことで、
患者のストレスが減り、生活の質が向上することを
見つけました。

博士は、若い頃から生き方に悩み、日本の禅やヨーガ、
ヴィパッサナー瞑想を学んでいたそうです。

そういった方法を試すうちに自分自身が内面から
変わっていったため、
これを患者に適用することを考えたようです。

このため、マインドフルネスは、
禅や仏教から宗教色を取り除き、
誰でも気軽に挑戦できるようにまとめ直した
方法と言えます。

その後、アメリカではマインドフルネスが心理療法として
大きく広がりました。

また、検索エンジンサイトとしてスタートし、
今やスマホのAndroidや自動運転の自動車を開発している
Googleが、社員の能力を発揮するために、
このマインドフルネスを取り入れた事から、
世界中で注目が高まっています。

ビジネス分野でマインドフルネスがどのように
役立つのかといった事に関しては、
今後お送りするメルマガで詳しく取り上げますので、
お楽しみに。

———————————————————————-
◆ あなたの悩みは?
———————————————————————-

さて、マインドフルネスに興味がある、
<<:氏名:>>さんのことなので、何か悩みごとをお持ちでしょう。
(というか、悩みがない人なんて、いないと思いますが(笑))

あるいは、<<:氏名:>>さんご自身が悩みごとを持っていなくても、
誰か周囲の方やお客様に悩みごとを持っている人がいて、
その人を助けたいと思っているのかもしれませんね。

人間、誰でも色々な悩みごとを抱えています。

年齢、性別、職業、国籍とどんなに違う境遇にあっても、
悩みを持つのが普通です。

多くの悩みは、生きていく上での人間関係の悩み、
仕事の悩み、病気に関する悩み、お金の悩み、
老いる悩み、勉強の悩み、死ぬことに対する恐怖などが
あります。

例えば、あなたには、恋人がいないとします。

そうすると、恋人がいる人をうらやましく思い、
自分にはいつになったら恋人ができるんだろうと悩みます。

また、恋人がいても結婚の話が出ない場合、
私は結婚できるんだろうかと悩みます。

そして、大きく有名な会社で働いている人は、
仕事が忙しくて自分の時間が持てないことに悩んだり、
あるいは、暇だけど給料が安い会社で働いている人は、
もっとお金がほしいと悩みます。

高度成長期前の日本では、物が手に入り、
お金持ちになれば悩みがなくなり、幸せになれると
思われていましたが、実際、どうでしょうか?

これだけ豊かな時代になっても、やはり人々は
あれが欲しい、これが欲しいと言って悩んでいるのです。

病気の悩みも深刻です。

健康なときには、全く感謝していなかった身体ですが、
いざ、内臓にポリープが見つかりました。

あるいは、血管が詰まって倒れてしまいました。
となると、とたんに、健康の大切さが分かり、
これ以上病気がひどくなったらどうしよう。

もう治らないのではないか?
と悩み始めるのです。

———————————————————————-
◆ 内面的幸福とは
———————————————————————-

じゃあ、そういった人が健康になったら、
悩みはなくなるのでしょうか?

あるいは、もっと給料がほしいと思っている人が
転職をして、給料の高い仕事に変わったら悩みは
なくなるのでしょうか。

残念ながら、なくならないですね。

<<:氏名:>>さんにも経験があると思います。

あの資格をとったら、あの車を買ったら、
あの会社に入れば、きっとバラ色の人生が
待っているはずだと思い、努力を重ね、
見事、手に入れた。

ところが、その時はうれしいのですが、
時間が経つにつれて、それが当たり前になり、
また次に欲しい物や資格、地位などが出てくる。

あるいは、次の不満点を見つけてしまう。

外的要因の幸せは、長続きせず、すぐに慣れてしまいます。

そして、もっとたくさん欲しい、もっと別のものが欲しいという
ワナに陥っていきます。

真の幸せは、内面からの幸せです。
マインドフルネスでは、この内面からの幸せを目指していきます。

究極的には、スラム街に住んでいるなど、
どんな外的環境であっても幸せを感じることが
できるはずですが、なかなかその域まで達することは簡単では
ありません。

このため、住む家があり、食べるものがあり、着る服がある。
ひとまず衣食住が足りている状態であれば、
内面からの幸せを感じられるようになる事を目指すのがいいでしょう。

日本は福祉国家ですから、衣食住に困っている人というのは、
あまりいません。

おそらく、このメルマガを読んでいるあなたも、
そこまで困窮しているわではないでしょう。

———————————————————————-
◆ マインドフルネスで内面からの幸せを目指す
———————————————————————-

マインドフルネスで目指す内面からの幸せというのは、
どんなものか知りたいですよね?

マインドフルネスのトレーニングを始めて、
心の整理術が身についてくると、
ストレスが減っていきます。

お金がない、持ち家がない、彼氏がいない、
彼女がいない、結婚していない等など、
これまで解決できなかった悩みが、
悩みではなくなっていきます。

また、これほど大きなストレスでなくても、
例えば、高級な外車に乗っている人を見た時に感じる
敗北感、あるいは、外食をしようとして、
ついつい安いレストランを選んでしまう惨めさを
感じなくなってきます。

さらに、マインドフルネスの最も奥深い部分としては、
自分の感情や考えを見つめることにより、
人間関係が良くなったり、仕事の効率が上がったり、
また、自分の望むものが引き寄せられてきたりすることを
何度も見てきました。

このため、生き方そのものが変わっていく事につながります。

表面的に物やお金、名誉や地位を得ることでストレスを
減らすのではなく、もっと根本的な問題を解決していく事が
マインドフルネスの力なのです。

———————————————————————-
◆ 終わりに
———————————————————————-

今日は、マインドフルネスの基本知識についてお伝えしました。

明日は、そもそも、私が何故、マインドフルネスをここまで
薦めるのか、私自身にどんな変化が起こったのかをお伝えします。

<<:氏名:>>さんの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスででしあわせな毎日を。

小西イサオ

追伸
もし、<<:氏名:>>さん、が色々な悩みを抱えており、すぐにでも
マインドフルネスを体験してみたいと思われるなら、
マインドフルネスを体験する読書会にご参加下さい。

下記のアドレスでご案内しています。

http://goo.gl/ZVcnqd

======================================================================
当メルマガの解除について
======================================================================

配信停止ご希望の方は、お手数ではございますが、
下記から解除をお願いいいたします。

http://goo.gl/WZUWsb

======================================================================
編集後記
======================================================================

足代わりに使っていた中型のスクーターが壊れて1週間。
次のスクーターをどうするか、あれこれと物色中です。

あちらを立てればこちらが立たず。帯に短したすきに長しで、なかなか、決まりません。

バイクって、種類が多いので、新車でもなかなか売れ筋以外は店に置いてなくて、
実物を見たいのに、見ることが出来ないもどかしさ。

次回のメルマガをお送りする頃には決まっているハズ…です(笑)

======================================================================
おまけ:どうでも良いお話
======================================================================

先日、餃子の王将へ家族で食事に行った時のこと、
テーブル席に着くやいなや、双子・弟のほうが真っ先に奥の座席に座りました。
(うちの子供は双子の小学生男子です)

その後に続いて、私と妻が手前に座ろうとすると、奥に座った双子・弟が立ち上がり、

「ちょっと、トイレ!」

座ろうとしていた私と妻はまた、廊下へ出るハメに。。。

お前は、なぜに、真っ先に奥に座ったのか???
小学生の行動はナゾです(^_^;)

では、また次回。

======================================================================
発行元:はぴねす☆ラボ(幸福研究所)
 http://koufuku.org/
ブログ
 http://ameblo.jp/mindfulness-kon

本メルマガの著作権は、はぴねす☆ラボに帰属します。
======================================================================

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ