マインドフルネスの限界と対策

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢の発見とその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

マインドフルネスの限界と対策

あれは、今から5年ほど前のこと。

今は絶版となり、別の出版社からタイトルを変えて再出版されている「サーチ!」という黄色い本に出会いました。

マインドフルネスを初めて知ったときです。

絶版になったことからわかるように、この本は、早すぎました。

今でこそ、マインドフルネスの本が毎月のように出版されていますが、当時は注目されることがなかったのです。

でも私は、この本で人生が変わりました。

マインドフルネスに出会わなければ、今でも執着が強いまま、幸せな現実を受け止めることができない人生だったと思います。

瞑想も15年か20年かとにかく長くやっていましたが、それは、真の理解に至っていませんでした。

そんな素晴らしいマインドフルネスですが、いくつか欠点があります。

それは、習得するまで時間がかかり、努力が必要だということ。

最低でも2ヶ月くらいは毎日少しずつ継続することが要ります。

そして、マインドフルな状態になるために、自分のマインドトークに気づき、自分でマインドフルな状態を選択しなければいけません。

この気づく力を得るために、一つ目の努力が必要になってくるのです。

ただし、ずっと続けていれば、心は安定してくるし、人に優しくなれるし、引き寄せはたくさん起こるし、良いことがたくさんあります。

さて、これらの欠点をカバーするのが、自分が何に幸せを感じるのかを知り、それに自然に触れるように自分の身の回りの環境を工夫することです。

あるいは、マインドフルな状態になるきっかけを外部から強制的に与えるといったことです。

例えば、何度もブログでもオススメしているデジタルフォトフレーム。

楽しい思い出が自動的にランダムに表示される写真立てです。

スマホやパソコンの画面に幸せになれる何かを設定してもいいでしょう

私が実践して効果があると感じているのが、感謝を数えてSNSに投稿することです。

日頃よく目にするもの、自然に行っている習慣の中に幸福やマインドフルを取り入れることはあなたにきっとよい毎日を与えてくれると思いますよ。

<今日のポイント>
マインドフルネスの欠点をカバーしてみる。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

■橘玲さんの『幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」 』を使った読書会を開催します。
詳細は下記で

8月27日(日)13:30から
神戸元町周辺にて

https://www.facebook.com/events/241406679694483/
または、
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5254

■本は、読んでこなくてOKです。読んでいないほうが楽しめます。
■普段本を読まない方、人見知りの方、大歓迎です。
楽しく気づきを得ることが出来る場です(^^)

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ