マインドフルだと仕事の効率が上がるのか?

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

マインドフルだと仕事の効率が上がるのか?

今やマインドフルネスは、先端のIT企業や大手企業などで研修として普及しています。

でも、ほんとにマインドフルネスを学ぶと仕事に役立つのか?疑問に思う人もいるでしょう。

実際にそういった質問を受けたこともあります。

私個人的な答えとしては、正しく学び、正しく実践すれば仕事に役立つと考えています。

普通、人はだれでも自分の思い込みや感情のパターンを持っています。

そして、それに気づいていません。

ちょうど、映画やテレビの脚本の悪いところをアドバイスするスクリプトドクターという職業の方が書かれた本に良い事例が載っていました。

脚本家は、スクリプトドクターへ依頼する時点で、何度も書き直しをさせられていて、思い込みや決めつけが大きい状態で今の脚本を見ている。

脳の風通しが悪くなった状態です。

だから、冷静だったら気づける悪い点に気づけなくなってしまう。

これを心のブレーキといいます。

スクリプトドクターは、心のブレーキを外せるように、その脚本家がなぜ、素直に見れなくなっているのか、素直にアドバイスを聞けなくなっているのかの原因を探り、見つけ、指摘し、解決策を提示するのです。

脚本そのものではなく、脚本家の心にまで寄り添うところが驚きです。

脚本家といえども人間です。

思考の癖があり、批判されたり、修正依頼があった時に、過剰反応したり、間違った捉え方をする可能性は大いにあります。

あなたも、仕事で誰かに言った一言で関係が悪くなってしまったことがあるかもしれません。

そんなつもりで言ったのではないのに…でも、相手が歪んで受け止めてしまった。

それこそ思い込みです。

マインドフルネスを実践するとそういった思い込みやパターンに気づきやすくなります。

だから、素直な目で物事を見つめることができます。

脚本家に限らず、その態度は、仕事に役立つと思いませんか?

もちろん、それだけではありません。他にもいろんなメリットがありますが、メリットだけを目標にして、そこに執着してしまうと不幸に繋がります。

メリットは、あるけど、こだわらないほうが良いでしょう。

<今日のポイント>
マインドフルネスを正しく実践すれば仕事に役立つ

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ