ネタ帳をつけると嫌なことが楽しみになる

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

ネタ帳をつけると嫌なことが楽しみになる

通勤電車。

都会のラッシュほどぎゅうぎゅう詰めではないですが、私が住む地方都市でもそれなりに朝は混雑しています。

かろうじてスマホを触ったり、新聞を読んだりできるくらい。

そういえば、最近は電車の中で新聞を読む人も減りましたね。

ある日のこと、そんなちょっと混んでいる電車に乗っていました。

扉が閉まり、駅を出発して数分。

突然、扉のそば、私の横にいた男性が「すみません」と声をかけてきました。

「ちょっと○×○×○×○×」

語尾の方は何を言っているのか聞き取れませんでした。

年齢で言えば、30代後半くらい。

どうも、私の横を通って奥に行きたい様子。

こんな混んでいる電車なのに?

しかたなく、無理やり場所を空けました。

そうしたら、その男性は、3歩ほど移動して、そこで止まったのです。

ええ!?何この行動?単に邪魔なだけやん。

普通なら、その行動に腹が立つと思います。

でも、最近、ネタ帳をつけているのです。

映画のネタ帳です。

ブログのネタ帳やメルマガのおまけコーナーのちょっとした笑い話のネタ帳は以前からつけています。

でも最近は、映画のネタになりそうなこと、どんな小さなことでもいいので面白いと思ったことをメモしています。

この謎の行動、ネタになりそう。

そう思って、想像を膨らませました。

この1メートルほどの移動距離にどんな意味があるのか?

この男の人の行動の理由は何か?

そう考え始めると、邪魔だなあと思った嫌な気持ちなんてどこかに行きます。

視点を変える。まさにそんな感じです。

別に映画のネタ帳じゃなくてもいいのです。

日記のネタ、ブログのネタ、短歌や小説でも構いません。

視点を変えると感じ方が変わるのです。

いい経験でした。

<今日のポイント>
ネタ帳で視点を変える。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ