タイムスリップして当時を見る

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使ってじっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

タイムスリップして当時を見る

家の中から一歩も出ずに一万歩。

そんなことができると思いますか?

できませんよね。

ところが、この前、大規模の部屋の模様替えをすることになり、二階と一階の家具を入れ替えて、膨大な本を二階から一階へ下ろして…ということを一日中やったところ、なんとほぼ一万歩になりました。

いやあ、ヘトヘトでした。

でもって、これを機にものを減らそうと思い、本を100冊以上処分しました。

若い頃によく買っていた株式投資の本とか、キャンピングカーの本とか。

スピリチュアル系の本も何冊か処分しました。

そして、昔から取っていた切り抜きや紙の資料も不要なものをかなり処分。

処分するためには時間がかかりますが、ひとつひとつ確認して、いるかいらないかを見ていかないといけないです。

そうすると、気づいたことがありました。

結構、昔から新聞やチラシの誤植、変な商品の切り抜きや変わった事件の新聞の切り抜きをファイリングしてるんです。

これって、今、Facebookにうれしそうに投稿している内容とほとんど同じ(笑)

人間の本質って変わらないんだなと思いました。

やっぱり、本当にやりたいこととかって、こういう自分の原点にあるんだと思います。

リボーンメソッドの夢を探るワークでも、子どもの頃の好きだったことなんかを思い出してもらったりしています。

また、もうひとつ衝撃なことがありました。

それは、1994年4月にもらったメッセージカード。

後輩からでした。

妻との結婚披露パーティーにきてもらったときにもらったカードです。

ご結婚おめでとうございますといった内容が書かれていました。

実は、差出人の彼女は、それから1年も経たない間に阪神淡路大震災で帰らぬ人となりました。

それを見ると、人生は何が起こるか分からない。

本当に今生きていることが感謝であると痛烈に感じました。

友人が作った同人誌も出てきました。

結婚しましたといった幸せそうなコミックエッセイが載っています。

しかし、彼はその後、離婚することになりました。

当時は知るよしもない話です。

当たり前が当たり間じゃないんですよねえ。

これまで生きてきたことに感謝。

そして、自分の軸に沿って後悔のないように生きたいと思います。

あなたは、どうですか?

<今日のポイント>
自分の軸は変わらない。人生いつ何があるかわからない。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

■6月「やり抜く力」読書会
成功するために、才能よりも努力よりも
運よりも必要なこと。それがやり抜く力。
やり抜く力が欲しい人は、ぜひご参加ください。

6月17日(土)午後 神戸元町周辺にて
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5110

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ