やってみればいい

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

やってみればいい

NECのモバイルノートパソコン、一番厚い部分でも1.5センチを切る薄さ。

それでいて、corei7とSSDなのでかなり速い。

そんなパソコンを娘が使っているのですが、購入して2年半、液晶部分にヒビが入ってしまい、画面に亀裂が入ってしまいました。

当時、10万円近い価格で購入したものなので、修理したほうがいいかと思い見積もりを取りました。

そしたら、なんと約8万5千円!

どうしようかと悩んで、ネットを調べたら自分で交換している人がいるじゃないですか。

まあ、業者なんですけど。

液晶パネルだけの交換は修理業者も嫌がるほど、難しいらしい。

なんせ、極端に薄いのでちょっと力を入れすぎるとすぐに割れちゃうのだそう。

でも、画面の部分全体を交換するなら、それほど難しくなさそう。

ということで、部品を探すことに。

こんな時はヤフオク。なんでも揃うヤフオク(笑)

ありましたよ。しかも新品の部品が。

約17,000円也。

失敗した時、笑い飛ばせる額ではない。。。でも、やるしかない!

いや、なんかできそうな気がするんですよ。9割位行けるんじゃないかと。

で、部品を調達して、交換方法を解説しているブログを探して、2種類くらい見つけて、写真と実物を見比べながら苦闘90分。

なんとか元通りに戻りました。

この薄い筐体を分解したら、見事に細かな部品が収まっているんですね。

なんか、日本の技術ってすごいなと。芸術品みたいだなと思いました。

で、思ったんです。

こういうのって、最初からあきらめてやらない人がほとんどですよね。

でも、やってみると意外にできるものなんです。

私も最初は恐る恐るでした。

学習机製作、水道の分岐や蛇口の交換、食洗機の取り付け、床下に潜っての家の補修、ハードディスクレコーダーの修理、トイレの修理などなど。

そうやって、失敗しながらやってるうちにだんだんと自信ができてきたんですよね。

これは、DIYに限らず、なんでも同じ。

何か新しいことに挑戦しようとした時、どうせダメだろうと諦めるのではなく、恐る恐るでもいいからやってみる。

そうしたら、なんかできる。じゃあ、もう少しやってみる。あれ、できた。

みたいなことが大切なじゃないかと思いました。

<今日のポイント>
やる前にあきらめるな。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ