なぜ、マインドフルネスは坐禅から入るのがいいのか?

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

なぜ、マインドフルネスは坐禅から入るのがいいのか?

マインドフルネスの練習方法としては、呼吸法や坐禅が一般的です。

でも、忙しいあなたは、坐禅をしようと思ってもなかなか時間が取れないでしょう。

だから、いきなり歩く瞑想やマインドフルに歯を磨いたり、食べる瞑想をしたりするかもしれません。

でも、できることなら、やはり最初は坐禅から始めて欲しいのです。

畳の部屋がなければ、椅子坐禅からでも構いません。

なぜ、坐禅から入る方がいいのか?

それは、マインドトークに気づくためには、できるだけ刺激の少ない環境で始めた方が分かりやすいからです。

また、刺激の少ない環境の方が、身体の変化にも気づきやすくなります。

特に坐禅のように姿勢を正しているとなおさらです。

まずは、刺激の少ない環境で自分自身に気づく感覚を養う。そして、注意力を高めることで、日常生活での感情の変化やマインドトークに気付きやすくなります。

注意力が高まれば、歩く瞑想や食べる瞑想、音に耳を傾ける瞑想など日常生活の中で訓練していくこともいいと思います。

時間がないから坐禅が出来ないというのは、思い込みです。

テレビを見る時間、ネットを見る時間、新聞を読む時間、ゲームをする時間を少し減らすだけでいいのです。

また、寝る前に2分間だけ坐禅し始めることでもいいのです。

ぜひ、やってみてください。

<今日のポイント>
マインドフルネスの基本は坐禅から

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ