すべての不安を一掃するとっておきの方法

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使って、じっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

お知らせです。先日開催して好評だった「科学的にしあわせになる読書会&実践会」の2回目を開催します。ポジティブ心理学の本を使った読書会です。あやしい宗教ではありませんのでご安心ください(^^)
詳細はこちらから⇒https://www.read4action.com/event/detail/?id=5082

すべての不安を一掃するとっておきの方法

失恋。

大失恋でした。

ご飯も喉を通らない。

勉強も手につかない。

学校へ行く気力もない。

なんでなんでなんで?とぐるぐる考え続けていました。

これ、実話です。

まあ、今からうん10年前の若い頃の話です(笑)

あなたにもそんな経験がありますよね?

何か悩み事や不安があって、考えても考えても頭から離れない。解決しない。

恋愛だけじゃありません。

仕事のこと、子供のこと、健康、両親、人間関係、なんでも当てはまります。

20歳前だった私はどうしたか?

とにかく、忙しくしようと思いつきました。

学生時代に入っていたクラブ活動の部長を選ぶ時期だったので、自ら立候補しました。

アルバイトもしました。

映画も作りました。

授業もたくさん受けました。

そうやって、自分を忙しくしていると、何かに没頭している間は、失恋の痛みから逃れられたのです。

この方法は、うまくいきました。

だんだんと痛みもいえていきました。

これは、当時の自分がない知恵を絞って考え出した結果です。

ところが、先日ある自己啓発の古典を読んでいると同じことが書いてあったのです。

不安を解消するにはとにかく忙しくすることだ。

全く一緒です。

ヘレン・ケラーが、三重苦を乗り越え、世界中を飛び回り講演していたことは有名ですね。

ある時、記者が聞いたそうです。

「三重苦を背負って、自分のことを不幸だと思ったことはありませんか?」

ヘレン・ケラーは答えました。

「私には、自分の不幸を数えている時間はありません」

やはり彼女も忙しく自分のやるべき事にまい進することで、不安をはね返していたのでしょう。

あなたが、不安なことばかり考えてしまうなら、何かに没頭してみることはどうでしょうか。

それは、趣味でも仕事でもボランティアでも構いません。

マインドトークが発生しないよう、慣れていないことのほうがいいでしょうね。

オススメします。

こうやって、失恋したおかげで、私は、大切なノウハウを手に入れました。
当時はつらかったですが、意味があるものですね。

<今日のポイント>
忙しくすることで不安をなくそう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ