お正月でも働く人々

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

お正月でも働く人々

お正月前のある日、ふとテーブルの上に置かれた市の広報誌が目に留まりました。

年末年始の予定として、役所の休みの期間が掲載されています。

そこを見ていると、市の天文科学館は年末から休みに入るものの、三が日は時間短縮ながら開いているようです。

お正月ということで、初日の出とか天文に関する関心も高まるからでしょうか。

そういえば、子供のころ、祖父に連れられて長期休みの時に遊びに行った思い出があります。

あれはひょっとしたら、お正月だったのかもしれません、

また、斎場についても元旦以外は開いているようでした。

亡くなる方は、お正月だろうとゴールデンウィークだろうと関係ないわけで、そうなるとどうしてもお葬式や火葬をしないわけにいかない。

だから休めるのは一日だけ。

さらに、水道の修理に関しては、一日も休みがありません。

そりゃ、凍結で水道管が破裂したりしたら、放っておくわけにいきませんもんね。

もちろん、救急当番医は交代制ですが年中無休でやっています。

そうやって見ていると、私たちの生活はどれだけ多くの人の裏方に支えられているのだろうと感謝の気持ちがわいてきました。

そういえば、ある映画仲間は交通機関に勤めています。

最近、日曜日の撮影に顔を出さないなと思ったら、シフトの関係で半年くらいは日曜日に休みがないとのこと。

なるほど、公共機関だから土日も休みなく動いていますもんね。大変な仕事です。

ありがとうの反対は、あたりまえです。

水道が出る、電気が使える、電車やバスが動いている、朝ご飯をお母さんが作ってくれている、いろんなところでいろんな人が支えてくれているのですね。

あたりまえに感謝です。

ぜひ、あなたも身の回りのあたりまえを探してみてください。

そして、感謝してください。

きっと、やさしい気持ちになることができますよ。

〈今日のポイント〉
世の中は当たり前に満ちている。感謝。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ