あんたの神様

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのわくわくする夢を見つけその実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

あんたの神様

てんつくマンさん。

一時期、路上でお客様を見てインスピレーションで言葉を書くという仕事で話題を集めていましたね。

もともとは、山崎邦正さんとコンビを組んで漫才師として活躍されていました。

それが、映画を作りたいとコンビを解散。

しかし、うまくいかず、借金まみれになり、1ヶ月間毎日、フルマラソンを走り続けるという無茶苦茶なチャレンジ。

そして、路上で言葉をつむぐアーティストになり、映画の資金を捻出。

その活動の過程でスピリチュアルな存在に目覚め、今回のタイトルになっているような本を執筆したり、NGOを作って中国で植林したり。

映画も制作して15万人以上が見たそうです。

てんつくマンは、映画作りだけでなく、NGOの活動やボランティア活動などを通して、ピンチになると必ず誰かの助けがあると感じてるようです。

それは、人との出会いであったり、ものであったり。

例えば、マラソン中に足が痛くてもう歩けないなった時、ふと見ると道に杖が落ちている。

中国で知り合いもいないのに植林をしようと思って、イベントに来ていた中国人留学生に声をかけ、初めて会った日に中国でのコーディネーターを頼むことができたり。さらに、その留学生の友人つながりで中国政府の要人とつながり、中国政府のバックアップがついたり。

そんな経験を重ねてきたせいで、何かピンチに陥っても必ず解決策がやってくると思えるようになったと言います。

そして、そんな体験を書いた「あんたの神様」では、安永さんと呼んでいる神様との対話形式で、引き寄せの法則がうまくいく方法を紹介しています。

神様の応援がある時、それは、あなた自身がワクワクすることに頑張っている時。

いくら頑張っていても、自分のやりたいことにウソをついていると、神様の応援は起こらない。

そして、とにかく行動すること。家で悶々と考えるだけではダメ。

この話、私としては経験上、とてもうなづける内容です。

もし、あなたが自分が何にワクワクするか分からないなら、毎日10分でもいろんなことにチャレンジしてみると良いそうです。

体験するのも良し、ネット検索で興味のあることを探してみるだけでも良いみたいですよ。

<今日のポイント>
神様を味方につけよう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://eepurl.com/dxFcjH

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ