【通信講座】マインドフルネスの通信講座?

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している心の整理術、マインドフルネスを中心に、セルフコーチングの手法、行動イノベーションなどを活用して人生を幸せに自由に生きるコツを広めている小西イサオです。

この前、百均でカラムーチョのふりかけを発見しました。
辛いもの好きなので、買ってみたところ、確かにカラムーチョです。

でも、なんだかお菓子を主食におかずを食べているような感覚で、かなり違和感があります。

ふりかけとしてはイマイチでした(笑)

【通信講座】マインドフルネスの通信講座?

さて、先日、久しぶりにマインドフルネスを体験する読書会&ワークショップを神戸で開催しました。

今回は少人数かつ、すでにマインドフルネスに取り組んでおられる方が参加者だったので、非常に突っ込んだ話やワークをすることができました。

お一人は、書籍などを通じて学び、独学でマインドフルネスに取り組んでおられました。

このブログでもたまに、「マインドフルネス 通信講座」といったキーワードで検索して訪問してくださる方がいらっしゃいます。

今回参加された方のように独学や通信講座でマインドフルネスを学ぶことはできるでしょうか?

もちろん、不可能だとはいいません。(追記:これを書いて2年後の今、ネットで双方向で多人数のオンライン講座が簡単に開けるようになっており、そういったものを使えば可能だと思っています。もちろん、リアルのほうが効果は高いと思います)

でも、個人的な感想でいえば、とても難しいだろうと思います。

というのが、自分自身が書籍や動画セミナーなどで長い間、独学に近い形で瞑想を続けていたのです。

マインドフルネスに出会うまでの十数年間もの間です。

まだ、スピリチュアルなものに対する風当たりも強く、特にオウム真理教の影響で、瞑想といえば怪しいもの、危ないものというイメージがあったので、なかなか、周りにも言えず、一人でこっそりとやっていました。

そして、縁あってマインドフルネスに出会い、師匠と出会いました。

その直接指導を受け始めた時からの1年間とそれまでの十数年間では、直接指導を受けた期間の方が、濃く成長できました。

やはり、双方向で質問でき、疑問点をその場で解決できたり、言葉だけでは伝わらないニュアンスを雰囲気や試行錯誤して伝えてもらうことの意義は非常に大きいのです。

また、独学でやっているとどうしても、間違った方向に進み、エゴが出てきてもそれに気づかないということがあります。

それに、多くの仲間と体験を共有することで、気付くことも多いものです。

今回、ご参加いただいた方も、それまで疑問があったり、うまくマインドフルになれないことに対して不満があったそうですが、ポイントをお伝えすることで、とてもよく分かったと満足していただきました。

また、場の雰囲気というのも非常に瞑想の深さを左右するなあと思います。

一人だけでなく、何人かでやることでいい場が出来上がり、落ち着いた精神状態になりやすいのです。

もし、マインドフルネスを独学で学んでいる方があれば、ぜひ一度、そういったリアルな場に出てみられてはどうでしょうか。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

追伸:マインドフルネスについて、引寄せについて、フューチャーマッピングについて、行動イノベーションについてなど、お役に立つ情報を週に一度、メルマガでお送りしています。ぜひ、下記から登録して下さい。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ