【未来予報】フューチャーマッピングは、私の病気を予報していた

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している心の整理術、マインドフルネスを中心に人生を幸せに生きるコツをお伝えしている小西イサオです。

週末は、マインドフルネス仲間のイベントでビデオ撮影をしてきました。

といっても、マインドフルネスのイベントではなく、友人を祝う音楽のイベントでした。

私は、初めて就職した会社がケーブルテレビ局でした。
そこで、制作の仕事をしていましたので、企画から撮影、編集までひと通りこなせます。

今は、全く別の仕事に就いていて、ビデオを作るのは、地元の自主映画団体の時だけですが、たまに、頼まれて撮影しています。

やっぱり、昔取った杵柄なのか、撮影となると、本気モードに変わってしまいますね(笑)

久々に長時間のイベントを撮影し、昔を思い出しました。

【未来予報】フューチャーマッピングは、私の病気を予報していた

さて、今回はフューチャーマッピングについてご紹介しましょう。

フューチャーマッピングというのは、日本を代表する経営コンサルタントで作家でもある神田昌典さんが、自身のコンサルティング手法をまとめたものです。

潜在意識を活用して、クライアント自身が気づいていない方法で、何かの課題を解決するための行動計画を組み立てていきます。

突拍子もない方法で、現状を突破して、ワクワクするような計画が出来上がります。

このフューチャーマッピングは、以前は全脳思考と呼ばれていましたが、去年から全世界に広がりつつあり、世界に通用するよう名称を変更しました。

おもしろいのは、潜在意識で計画を生み出す際に、将来の運気というか感情のアップダウンを描くのですが、これがクライアント自身の未来の運気に合致することが多いのです。

私がセッションをさせていただいた中でも、失業が予告されていたり、引っ越しが予告されていたり。

そして、私自身も先月、友人にセッションをしてもらったのですが、ちょうど今の時期、運気が下がる予想でした。

私もそんなことはすっかり忘れていたのですが、ふとその時のチャート見てみると、今は運気が下がるとなっています。

しかも、そのあたりに書かれているキーワードが「みたり」「みる」と「見る」ことに関係するもの。

そうなんです。4月にそのチャートを描いた時に既に、私の潜在意識はこの時期、「見る」ことに関して、悪いことが起こると分かっていたのです。

偶然なのかどうなのか分かりませんが、その通りに私は、目の病気になり、少し運気が下がっています。

でも、この後、6月7月と、運気が上がることになっていますので、なにか良いことがあるに違いありません。

一応、この時期の行動計画は順調に進んでいます。

潜在意識ってすごいですね。

ちなみに、なぜ、私がフューチャーマッピングを推薦しているかというと、マインドフルネスで心を整えた後に、自分が本当にやりたい事を進めるために、ピッタリのツールだからです。

まるでコーチングみたいと思ったあなた、鋭いです。フューチャーマッピングのセッションは、コーチングに近いものがあります。
潜在意識や物語の力、利他の心を活用する点が一風変わっていますが、やっていることは、コーチングと似ています。

フューチャーマッピングについて、詳しく知りたい方は、下記のサイトをご覧ください。

https://www.kandamasanori.com/zennoh/

また、私自身も、月にお一人程度ですが、セッションを行っています。
神戸近郊で直接お会いできる方であれば、可能です。

また、スカイプでのセッションも試してみたいと思っていますので、そちらも可能です。

詳しくは、公式サイトのお問い合わせから、ご確認下さい。

https://koufuku.org/?p=46

では、あなたの人生が幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ