【学び】学びを定着させる方法

こんにちは。

行動する読書会、Read For Actionの読書会やGoogleが人材開発に採用している心の整理術、マインドフルネスなどを通して人生を幸せに自由に生きるコツをお伝えしている小西イサオです。

【学び】学びを定着させる方法

私は、農が趣味で、畑で野菜を作っています。

なので、苗を見ると何の野菜なのか、一般的なものなら大体、分かります。

先日、トマトの苗が置いてあったのですが、「なんで、こんなところにトマトの苗があるんだろうね?」とつぶやいたら、それを聞いた若い知人が、「あれ、トマトなんですか?」と。

普段、畑に縁がない人には分からないんですね。

自分の常識は他人の非常識ですね~。

さて、あなたは、何かを学んだり、セミナーや講演会、ワークショップに参加することは好きでしょうか?

私は、結構そういうものに参加する方で、毎回、楽しく学び、新しい人々と知り合い、いろいろな刺激をいただきます。

でも、参加しているときは楽しいけど、だんだんとマンネリ化したり、学ぶばっかりで全く実生活に役立っていないと思いませんか?

できれば、楽しく学んで、いろいろな人と知り合い、それが実生活に役立つと最高ですよね。

実は、学びにはいくつかの段階があります。

NLPで言うところの学習や成長の5段階です。

①知らないからできない
②知っているけどできない
③知っていて、意識すればできる
④無意識にできる(身についている)
⑤無意識でやっていることを言語化し、他人に教えることができる

こんな段階を経るんですね。

さらにしっかりと学び、それを記憶に残すには、定着率を上げる工夫が必要です。

そういえば、過去に習ったことがあることを学び直す時、「あ、これ知ってる」と思ってしまうと、そこで学びのシャッターが閉じられてしまい、学べなくなってしまいます。

知っていることでも、その時々で学べることは異なりますので、気をつけたいですね。

そうそう、学習もやり方によって定着率が違います。

定着率が低い順に、聞く→見る→聞いて見る→聞いて見て、話し合う→体験する→教える

となります。

聞くだけだと学んだことの10%しか定着しないと言われています。
逆に、話し合うと40%。

体験すれば80%とのこと。

Read For Actionの読書会は、こういった事も加味して、設計されています。

どんな音楽を流すのか、楽しく学ぶ場を作るために何をするか、記憶を定着させるためにシェアタイムを設けたり、アウトプットの時間を多く取るとか、そんなことを考えているのです。

しかも、普通はセミナーやワークショップに参加すると安くて5000円程度、高ければうん十万円しますが、読書会という形式をとっているので、高くても5000円程度で参加できます。

参加されている方は、自ら学ぼうという能動的な方ばかりで、普段出会わない職種、年代の方と知り合うことができます。

ぜひ、私たちリーディングファシリテーターが開催している読書会に参加してみてください。
楽しく、学びになりますよ。

私も5月30日(土)に、神戸でGoogleが人材開発に採用しているマインドフルネスを学び、体験する読書会を開催します。

マインドフルネスは、ストレスやイライラといった事に振り回されない心を作るためにとても有効な方法です。環境を変えることなく、幸せな毎日に近づきます。

ぜひ、ご参加ください。詳細は、下記のFacebookイベントをご覧ください。

■終了しました

https://www.facebook.com/events/1593278614289721/

Facebookをされていない方は、下記からも申し込めます。

http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1064

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ