【基準】迷った時に上手く選択するとっておきの方法

こんにちは。

Googleが人材開発に採用しているメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を幸せに自由に生きるコツをお伝えしている小西イサオです。

【基準】迷った時に上手く選択するとっておきの方法

パラオ共和国のラリーさん。

もう25年くらい前だと思いますが、当時勤めていた会社に、技術を学びにわざわざパラオ共和国から日本へやってきた男性です。

パラオには、エスカレーターがないらしく、非常に戸惑っていました。

また、パラオは魚は海で釣って食べるもの。タダのものということで、魚が売っているということに衝撃を受けていました。

そして、同僚が休日にラリーを連れて、水族館に行った時、泳いでいる魚を見て、

「美味しそう」

とつぶやいていたそうです。元気にしてるかなあ。

親戚がパラオ共和国の大臣だって言ってました。きっと、パラオでは高い身分の人だったんだろうなあ。なんか、突然ラリーのことを思い出して書いてみました。

さて、先日、行動イノベーション1DAYセミナーを初開催いたしました。

行動イノベーションというのは、プロコーチとして活躍されている大平信孝さんが考え出したセルフコーチングの方法です。

アドラー心理学をベースにしており、朝晩1分間の習慣を続けることで、自己受容が進み、本心からやりたいことをコツコツと継続して実行できる手法です。

その講座中に気付いたのですが、何かをやろうと思った時に迷うことってあると思います。

その時、やるべきかやらないべきか、あるいは2つ方法があれば、どちらを選ぶべきかってどうやって決めますか?

頭でメリットデメリットを考えて、紙に書き出したり、他の人にアドバイスを求めたり、いろいろあると思います。

でも、もっとシンプルで効果的な方法があるのです。

それは、ワクワクするかどうかで決めるというものです。

世間的にみて、正しいとか正しくないとかという物差しではなく、自分自身がワクワクするかどうか、これを決め手にします。

もっとも、自分の本心を聞ける人でないと、世間や周囲のルールでワクワクしていると思い込んでいる状態かもしれません。

そこは、マインドフルに自分を見つめ、心の奥底を見つめることが大切です。

現代人は、情報過多で自分で考えない人が増えているように思います。
自分の感覚を大切にするのはとても良いことです。

このワクワクで決めるというのは、実は、とある自然食レストランのオーナーさんに教えていただいた方法です。

もう1年以上前だと思うのですが、ふと、行動イノベーションのセミナー中に、これと同じようなことを言ってるなあと思い、思い出した次第です。

ワクワクで決め始めると、不思議な縁も増えます。いわゆるシンクロニシティですね。

ぜひ、あなたもマインドフルに自分の内面を見つめ、ワクワク基準で動いてみてください。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

<お知らせ>
神戸でこの、行動イノベーションの読書会とミニセミナーを開きますので、よろしければご参加下さい。残席わずかです。

■詳細は、下記のFacebookイベントをご覧ください。(残席わずかです、お早めにどうぞ)
終了しました。

https://www.facebook.com/events/388708557988933/

■Facebookをされていない方は、下記からも申し込めます。

http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1398

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ