【依存】ヒーリングや治療がうまくいかない

こんにちは。

Googleが人材開発に採用しているメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を幸せに自由に生きるコツをお伝えしている、わくわくサポーターの小西イサオです。

【依存】ヒーリングや治療がうまくいかない

今、うちにはテレビがありません。

正確に言うと、物としてはありますが、映らない状態です。

我が家では、家事の手伝いとか、宿題とかタブレットでの通信教育だとか子供たちがやることを決めています。

そんなに難しいものではなくて、ちゃんとやれば遊ぶ時間もゲームをする時間もテレビを見る時間もあるのですが、何度言ってもダラダラとテレビやゲームをして、夜になってあわてて宿題をしたりするのです。

もちろん、子供らも将来自分がやりたいことをやれるようになるためにも、やることをやった方がいいとは分かっているんですけど、テレビの魔力には勝てません。

子供だから仕方ないところもあります。

ということで、しばらくテレビを見ないよう、配線を全部撤去しました。

強権発動は良いことではないと思っていますが、テレビがなくてもどうってことないということを体験させるには、いい機会です。

さて、今日は依存心についてです。ヒーリングジプシーだったり、ドクターショッピングだったりする人は、なぜ治らないのでしょうか。

マインドフルネスを学んでいると、自分のメンタルの病を治したいという方もいらっしゃいます。

また、シータヒーリングを学んだ仲間のところにも、癒されたいという方がいらっしゃいます。

でも、中には口では治りたいと言いながら、毎月毎月同じ悩みでサロンにやってきたり、お医者様にきついことを言われると、この先生とは合わないと別の医院に行くことを繰り返す人もいます。

また、お金を払うんだから、さあ治せ!治してくれ!という人もいます。

そういう方は、大きなことを見落としています。

治すのは医者でもなくヒーラーでもなく、自分自身なんですね。
周りの人ができるのは、サポートするだけなんです。

これを聞いて、なかなか治らない人の中には、本気で治りたいと思ってますという方もいるかもしれません。

でも、潜在意識では、真逆のことを考えているのかもしれないんです。

病気に限らず、お金が欲しいと言いつつ、手に入らない人、結婚したいと言いつつできない人でも同じようなケースがあります。

フューチャーマッピングを描いていても、将来の大きな目標にブレーキがかかることがあります。

それは、今あるメリットを手放すのが怖い場合です。

例えば、病気だから周りに優しくされる。注目される。

独身だから自由な時間が持てる。

お金を持つと強盗に狙われるんじゃないかと思っている。

いろんな理由が考えられます。

依存癖が強い人は、依存をやめて、自分自身が変わる決意をしてはどうでしょうか。

そうすれば、マインドフルネスもシータヒーリングも効果が出てくるかもしれませんよ。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

<お知らせ>
マインドフルネスについて、引寄せについて、フューチャーマッピングについて、行動イノベーションについてなど、お役に立つ情報を週に一度、メルマガでお送りしています。ぜひ、下記から登録して下さい。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ