【シークレット】引き寄せが起きないのは、どうして?

こんにちは。

GoogleやIntelが人材開発に採用している仏教や禅をベースにした心の整理術、マインドフルネスを中心に人生を幸せに自由に生きるコツをお伝えしている小西イサオです。

GWに本棚を作ろうかと思い、2×4材の大きさを調べるためにホームセンターに行こうかと思っていたら、ちょうど、新聞折込にそれが載ったホームセンターのチラシが入っていました。

引き寄せが起きないのは、どうして?

しかも、2×4材を使って棚を作るために便利な部品まで掲載されていて、こんな部品があるんだと既に購入モード。

プチ引き寄せです(笑)

さて、「『ビジネスゲーム』から自由になる法」という本のことを書きましたが、今日もその内容をマインドフルネスと絡めながらご紹介します。

この本で扱っているのは、見方を変えると引き寄せの法則です。

引き寄せでは、イメージングをしたり強く願うことで望みが叶うといいますが、叶う人と叶わない人がいますね。

いくつかポイントがあって、私もかなり理解できたなあと思います。フューチャーマッピング(全脳思考)という行動計画を立てる方法が、引き寄せを起こすのに最適なのですが、それでも、うまくいかない人がいます。

フューチャーマッピングの中で、一つ抜けているなというところが、この本で理解できました。

それは、感謝です。

あらゆるものに感謝の念を持てるようになってくると、引き寄せはうまくいくようになってきます。

また、著者であるロバート・シャインフェルドさんは、第一段階にいる人は、うまく願望実現できたように思えても、足元をすくわれるようなことを書いています。

確かに、世の中には一世を風靡して、成功したかのように見える人でも、その後、とてつもない苦労をしている人がいますね。

また、第二段階に入った人は、例えば大きな家が欲しいというような具体的な引き寄せを望んでも仕方ないと知っているそうです。

確かにこれは、私の実感としてもぴったり一致します。

何が手に入るかわからないけど、なんとなく上手くいってる。
トントンと上手くいく。一見、マイナスのように見えたことでも後になると、なるほど、そのマイナスがないとこういう風に上手くいかないよなという結果になるのです。

これ、私だけじゃなくて私のメンターからも同じような話を聞きます。

つまり、感謝、執着を手放すといったことが大切なんですね。

この二つは、マインドフルネスを続けていくとだんだんと身についてきます。

さらに、ロバートさんがいうプロセスというやり方があります。

第二段階に進み、人生を波乗りのように楽しんでいくための方法です。

これは、マインドフルネスの訓練をしている人にとっては、半分くらい、既にやっていることです。

私もこのプロセスを続けるとどうなるか楽しみなので、昨日からやり始めました。

そうすると、以前に増して、世界が面白く感じられます。

今朝も、電車に並ぼうとしたら横からスッと前に並ばれてしまいました。

いら立ちが出る前に、その感情のタネに気づき、観察を始めました。

ホントに一瞬のことです。

おお、プロセスを使うチャンス!という感じです。

気持ちを感じきり、本の内容に従って自分の力を取り戻します。詳しくは本を読んでみてください。

これを続けると、これからどんな変化が訪れるのか、ワクワクしますね。

この本をベースにマインドフルネスとからめて、読書会を開こうと思います。おもしろそうです。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

追伸:マインドフルネスを体験する読書会を神戸にて開催します。
詳細は、Facebookイベントをご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1593278614289721/

Facebookをされていない方は、下記からも申し込めます。

http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1064

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ