【イヤな思い出】イヤな思い出を小さくする方法

こんにちは。

Googleが人材開発に採用しているメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を幸せに自由に生きるコツをお伝えしている、小西イサオです。

最初にお知らせです。マインドフルネスを体験する読書会とセルフコーチングの手法である行動イノベーション1DAY講座を開催します。
詳細は下記をご覧下さい。終了しました

■「グーグルのマインドフルネス革命」読書会&マインドフルネス体験会
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1554

■行動イノベーション1冊まるごと1DAY講座
http://peatix.com/event/108026/

【イヤな思い出】イヤな思い出を小さくする方法

さて、今日は瞑想中に出てくる思いについてです。

マインドフルネスでは、訓練の基本として、呼吸瞑想を行います。

最初は、呼吸に集中する瞑想を行い、それができるようになってくると、感情や心の状態を観察する瞑想を行うようになります。

どちらの瞑想でもいいのですが、瞑想中にいろいろな思いや雑念がわき起こってきます。

このブログでもいつも紹介するマインドトークというやつです。

その中で、過去の楽しい記憶が蘇ってきたり、懸案事項を解決するための素晴らしいアイディアが降ってきたりするわけです。

でも、中には、思い出したくないイヤな思い出が何度も出てくる人もいます。

こういった場合は、もし、可能であれば、そのイヤな思い出やその時の感情を観察したり、感じ切ったりしてみてください。

イヤだイヤだと、イヤな思い出を増幅させてはいけないです。

ジャッジをせずに感情や思い出を観察する。

そうすると、だんだんとイヤなレベルが低くなります。

イヤな思い出というのは、今ここで起こっていることではないですね。

過去の出来事を脳内で再生して、イヤな気持ちになっているだけです。

だから、客観的にそれを見たとき、自分で思い込んでいるほど、イヤではないことに気づくわけです。

ただし、その思い出を考えると過呼吸になるとか、パニックになるというほどの強い抵抗がある場合は、やめてください。

その場合は、自分一人でなんとかしようとせずに、専門医やカウンセラーのもとで治療をする必要があります。

十分にご注意ください。

マインドは考えることが大好きです。

瞑想をしていると、外からの刺激が少ない事と反応を起こさないようにしているため、マインドが考えるネタがなくなってきます。

だから、昔の記憶を手掛かりに何かの思考を起こそうとするのでしょう。

その時に、強烈な記憶のものは引っ張り出しやすいのではないかと思います。

過去の出来事はもう済んだこと。あまり囚われないようにしたいものですね。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

<お知らせ>
マインドフルネスを体験する読書会とセルフコーチングの手法である行動イノベーション1DAY講座を開催します。
詳細は下記をご覧下さい。終了しました

■「グーグルのマインドフルネス革命」読書会&マインドフルネス体験会
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1554

■行動イノベーション1冊まるごと1DAY講座
http://peatix.com/event/108026/

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ