「すぐに飽きてくる」に対策するには?

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を使って、あなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

「すぐに飽きてくる」に対策するには?

小学生や中学生の頃、仲の良かった友達によく言われていたこと。

真似性と飽き性。

すぐに人の真似をしたがる。

そして、すぐに飽きる(笑)

友達の真似をして、少年野球に入ったものの、すぐに練習が面白くなくなり、飽きて2年ほどでやめてしまう。

友達にものすごく漫画のうまい人がいて、真似をして漫画を描き始める。

で、中学も美術部に入る。

でも、ほとんど絵は描かずに雑談ばかりして過ごす(笑)

高校の時の部活もテニス部に入るものの1年ちょっとでやめる。

まあ、これはテニスはもてそうという不純な動機だったのですが。

でもね。私だけじゃないと思うんですよ。

あなたも、みんなも人はすぐに刺激に慣れて、飽きてくるものなんです。

だから、新しい服が欲しくなるし、新しい車が欲しくなるし、もっと大きなテレビ、もっと性能の良いスマホが欲しくなるのです。

ただ、もっともっとと欲しがるのは、不幸の始まりです。

いつまでたっても満足することがないですから。

それに対抗できるのは、感謝することなんですね。

ありがとうは、有難うです。有難いは、あるはずが無いということ。

だから、感謝することで、そのもの、その出来事に対して初めて出会ったように接することができます。

当たり前のものが、有難いものになるのですね。

トイレで水を流して手を洗う。

日本なら普通です。

でも、私が20年ほど寄付しているアフリカの国では、子供が井戸まで半日かけて水をくみに行くそうです。

ジャージャー水を流して手を洗うなんて、考えられないですよね。

少し視点を変えて世の中を見ると、有難いことだらけだなあと思います。

<今日のポイント>
感謝で飽きに対抗しよう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ